ページ

2016年10月11日火曜日

日曜月曜で帯広網走北見へ


 道の駅というのは国土交通省の管轄だと思ったけれども、その施設が(税金)、暴力団密接交際者で暴力団礼賛者の松山千春の「個人崇拝」の場所になっている。こんなバカでかい横断幕が正面に飾られ、中に入れば松山千春の等身大のポスターが飾られ、四六時中(!)松山千春の歌う歌が流れている施設なのだから、「個人崇拝の道の駅」と呼ばれても仕方ないだろう。
 足寄町の町民はもうこんなことをおかしい、と思いはしないのだろうけれども、国土交通省はこんなことを許しているのだろうか。(上の写真は2016年10月9日午後のもの)
 地元出身の歌手の「個人崇拝」の場所に、これから全国各地の道の駅が使われることになるのかもしれない。池田町の道の駅で吉田美和の、帯広の道の駅で中島みゆきの、札幌周辺の道の駅には大黒摩季の、函館の道の駅には北島三郎の、デビュー何十周年のお祝い横断幕を手始めに張り出すべきだろう、そうでなければ「明らかな差別」だろう。



9日(日曜日) 占冠インターまでは国道を使う メンタメ・五嶋みどり 占冠インターから幕別帯広インターまで無料区間を利用 池田町に住む親戚に会う 足寄町道の駅・暴力団礼賛松山千春の横断幕 網走に向かう 女満別の道の駅近くの空き地テントを張る
10日(月曜日) 4時半には網走へ ラジオでメンタメ・中島みゆき 朝5時半には網走駅近くの「すき屋」で朝食 網走市立美術館の呆れた運営を知る 北見の友人宅でお喋り 置戸町の美術館 メンタメ・ベッキー 芽登温泉 士幌病院 イタリアン店美人 帯広美術館 百年記念館美人 北海道ホテル 十勝プラザ 幕別帯広インターから高速へ 渋滞 清水インターで降りる 石勝峠を越えて富良野経由で札幌に戻る

メンタメ:定義 メンタル的にどうなのかなと疑問を抱かせる女性:メンタ...女、で、メンタメ。
拡大定義 メンタオ:メンタル的にどうなのかと疑問を抱かせる男性



 3連休。その後ろの方の日曜日と月曜日の2日間で、帯広(池田町)に住む親戚と北見に住む友人に、それぞれ1年ぶりで会いに行く。
 私とNが奥穂高岳を登っていた頃に台風に襲われた十勝地方。日勝峠のある国道274号は、山間部の橋が流され、谷や崖は崩落し、復旧の見込みは全く立っていない。何年もかかるかもしれない。さらには清水町の国道38号の一部も通れなくなっていて、高速道路が国道として一部無料開放されている。占冠(しむかっぷ)インターから、音更帯広インターまでが無料区間。ただし、下にスキャンしてアップした案内チラシにもあるように、無料区間を少しでも超えると「走行した全区間が有料となる」。だから、たとえば札幌から釧路方面へ行く人は、一旦、占冠インターで降りて、再び占冠インターで高速に入り、音更帯広で再び一旦降りて再び音更帯広で高速に入りなおす、ということをしなければ「無料区間は存在しないことになる」。

 ということで、ケチな私は、一般国道を占冠まで走り、そこからインターで高速に入り、音更帯広で降りて(2030円ぶんが無料)、それからは一般国道で池田に向かった。それでも、札幌から池田町まで4時間かからず(3時間半くらいだったと思うけれども)着くことができた。












七つ星

https://tabelog.com/hokkaido/A0110/A011001/1045054/