ページ

2016年10月2日日曜日

吉本のクズ芸人たち 小籔千豊 吉田敬

小籔千豊は徹底した「小池嫌い」 「一番ディスらなあかん」に視聴者唖然
2016/8/ 3 15:18  JCAST
  お笑いタレントの小籔千豊さん(42)が情報番組「バイキング」(フジテレビ系)の中で、小池百合子新都知事(64)を「ディスらなきゃいけない」などと批判したことが波紋を広げている。
   あまりの徹底した「反小池」の姿勢は視聴者の目に奇妙に映ったようだ。
「めっちゃ嫌な人...って思いました」

   8月2日の番組では「今だから話せる!都知事選SP」と題し、先の都知事選を振り返る特集を放送。政治ジャーナリストや現役都議がゲストとして登場し、裏話や考察を披露した。選挙期間中には「公平性」の観点から自由な発言を封印していた番組レギュラー陣も、この日は「解禁」だ。


   司会の坂上忍さん(49)は冒頭で「もう選挙期間も終わったので、今日はバランスとかフォローとか一切無視してトークしていきます!」と宣言した。ただ、「自由な発言」が最も際立っていたのは、小藪さんだった。


   主要3候補が生出演した7月19日の番組映像が流れた時のことだ。映像は、小池氏が街頭演説で鳥越俊太郎氏(76)を「病み上がりの人」と表現したと鳥越氏本人から追及される場面のものだった。


   すると小藪さんは「さっきのVTRにはなかったけど、(最初に)小池さんは『言ってません、記憶にございません』って言ったんですよ。(しかし)途中で毛色弱なった時、『私はそういうつもりで言ったんです』って2回くらい言ってた」と指摘。


「ウソついてるやん。記憶あるやん。こんなコロコロ立場で意見変わる人、この先、議会行ったって『記憶にございません』をええ感じに使う人になるんちゃうん。めっちゃ嫌な人...って僕思いましたけどね」

と、当時やりとりを聞いていた際の感想を打ち明けた。
「何の恨みが...」「麻痺してるのか」

   その後、ゲストの1人として出演した都議会の会派「かがやきTokyo」所属の音喜多駿都議(32)が2日の小池氏初登庁時の舞台裏を語ると、今度は


「小池さんの味方ばっかするコメントで、さっきからなんか気持ち悪い。小池側のスパイちゃうか?さっきから小池寄りやな!」

と、ここでも小池氏に対する反発を露わにした。そもそも音喜多氏は番組序盤で小池氏支持であることを明かしており、そのことを聞いていたとすれば的外れな反応だった。

   そして後半、坂上さんが「これから小池さんがどうできるかだからね」と小藪さんに話を振った際には、「『鳥越さんが悪かった』『増田(寛也)さんがどう負けた』とか、そんなんどうでもええ」と言い切り、


「小池さんのマニフェストをバチっと出して『この中で半分以上できんねやろうな、あほんだらァ!』言うて、僕らがもう1回政策を頭に入れて、チェックする。これから一番ディスらなあかんのは小池さん」

と熱弁した。ちなみに小藪さんは東京都民ではない。

   発言の直後、坂上さんから「ディスるじゃないだろ」と指摘されると「ディスるっていうか、『頼むぞ』ってチェックしていかなあかん」と訂正したが、徹底した小池氏批判の姿勢や、行き過ぎた表現に違和感を抱いた視聴者も少なくなかったようだ。


   放送中から後にかけ、ネット上には


「disる前提で話してるけど何の恨みがあるんだよw」

「小池さんが嫌いだということは凄く伝わってくるけど...」
「唖然とした。坂上氏がディスりは違うだろと反論してたのが救い」
「選挙終わってすぐ何もミスしてない200万票以上の支持を得た人間をdisれる感性って勇気なのか麻痺してるのか」
といった声がいくつも投稿されている。

▲:舛添が強引に進めていたコリアン学校問題を、小池百合子は白紙撤回する予定のはず。コリアンにとっては、小池憎しなのだろう。
 この小藪という男は、学生時代からテコンドーをやっているという。
 要するに、そういうことなのだろう。



ブラマヨ吉田、長谷川豊氏をガチ擁護 「悪意が無いのは読んだらわかる」

2016/9/30 15:47 JCAST
   元フジテレビアナウンサー・長谷川豊さん(41)の「人工透析ブログ」をめぐる一連の騒動に、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの吉田敬さん(43)が長谷川さんの側に立って「参戦」した。

   自身のツイッターで「悪意が無いのは読んだらわかる」「長谷川さんは、きちんと今後も、病気の方が最善の医療を受けれるようにする為に言っておられると思う」などと長谷川さんを擁護する投稿をし、これに対してフォロワーから多くの批判を招く事態になっている。


医者に止められてるのに酒飲んで倒れたら...


   吉田さんは2016年9月30日未明から朝にかけ、長谷川さんの書いた人工透析患者をめぐるブログについて、フォロワーとやりとりしながら自身の考えをつづった。初めに、


「長谷川さんは、きちんと今後も、病気の方が最善の医療を受けれるようにする為に言っておられると思う。壁ド突いたら手の骨折れます、でもド突いちゃった。そいつにかかる医療費を、病気の方に回しませんか?って事じゃないの?」

とつぶやいた。すると、フォロワーからは、長谷川さんが「殺せ」という過激な言葉をタイトルに使ったことや、透析患者を「自業自得かどうか」で分別したこと、現行保険制度の問題点を指摘するために弱者である患者を叩いたことへの批判や疑問などが次々と寄せられた。

   吉田さんはこうした意見に同意や反論をしながら議論を続行。


「俺が医者から酒を止めろと100回言われて101回目飲んで倒れて救急車。そこに先天性の肝臓病の子どもが運ばれてきたとしたら。使える薬は一人分しかない。どっちに使う?悲しい質問。ただ今のままでは一人分しか用意できないんじゃないの?」

と、長谷川さんのブログ内容を自身の解釈で説明し直した。

「いじめられてる奴、そんな悪くないと思えば味方する」


   さらに「特定の病気になった人を殺せ!と言っている人を擁護している」といった批判に対しては「こんな連中に本気のジャーナリストを殺されたくない」「殺せ!にだけこだわりすぎ。誰かの頼まれてはるんかなぁ」とも反応した。


   そして、一通りの議論の後に、


「これは昔からの性分でね。クラスでいじめられてる奴がいても、この人そんな悪ないやろ、と思ったら味方します。味方どころかついて行くぜ」

と投稿し、長谷川さんを終始かばい続けた。

   長谷川さんは9月19日、自身のブログに「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」と題したブログ記事を掲載。現状の健康保険・年金制度を問題視する中で、日本における透析患者の多くは「自堕落」な生活を送り続けた結果、透析を受けざるを得なくなった人々だ、などと主張したため、批判が殺到する事態となった。


   腎臓病患者で構成する「全国腎臓病協議会」は23日付で長谷川さんに抗議文を送付。29日にはテレビ大阪がニュース番組「ニュースリアルFRIDAY」からキャスターの長谷川さんを降板させたことを発表した。


   少子高齢化も進む中、社会保障給付費の使い方を考えていかなければならない――という事自体は、長谷川さんのブログがなくとも、多くの人が問題意識を持っていた部分だ。そのため長谷川さんのブログの中で、この部分については吉田さんに限らず同意する声がある。


   だがネット上では、現行制度の問題点を訴えることと、現在透析を受けている一部患者をバッシングすることは別の話だと考える人が大多数を占めている。そして、長谷川さんの言う「自業自得」な理由によって透析患者になった人がいたとしても、「殺せ」との言葉を向けられるべき正当な理由はない、との見方が大半だ。


   「長谷川擁護派」の吉田さんのツイッターには、その後も批判的な意見が数多く寄せられている。




▲:餓死事件死んだ人を食物連鎖の下にいる連中のこと、のように吐き捨てていたこの吉本のクズ・吉田敬を宣伝に使っていたのが、「和食さと」である。餓死した人間を食物連鎖どうのこうので侮蔑するようなクズをどうして宣伝に使うのか、イカレタ会社だなぁ、と思っていたら、本当にイカレタ会社だったようである。




「和食さと」運営会社を書類送検=違法時間外労働の疑い-大阪労働局
 ファミリーレストラン「和食さと」などを展開するサトレストランシステムズ(大阪市中央区)が従業員に違法な時間外労働をさせたとして、大阪労働局は29日、労働基準法違反容疑で、法人としての同社と、本社部長や店長の計5人を大阪地検に書類送検した。
 送検容疑は2015年1~11月、大阪府内にある「和食さと」「すし半」の計4店舗や、本社さん天事業推進部で、従業員7人に違法な時間外労働をさせた疑い。
 大阪労働局によると、労使協定で決めた残業の上限は月40時間だったが、最長で月111時間18分残業した従業員もいた。また、残業に伴う賃金も最大で22万4982円支払っていなかった。
 同労働局は過去にも複数回、同社に指導してきたが改善されなかったという。

 サトレストランシステムズの話 大阪労働局の指摘を受け、長時間労働を解消してきた。再発防止策を徹底していく。(2016/09/29-19:48)