ページ

2016年10月18日火曜日

今朝の毎日新聞から 吉田鋼太郎 安蘭けい 荻上淫チキ 藤原竜也 金森美彌子






▲:山崎豊子の『華麗なる一族』の隠れたテーマは「妻妾同居」だったけれども(ウソ)、荻上淫チキが目指したのは、「妻妾近住」で、愛人(妾)を自宅から1分以内のマンションに住まわせて「淫チキ生活」をすることだった。
 この男が、こうして毎日新聞や(それにしてもこの表情か.....)、コリアンマンセーTBSラジオで、さも「良識人ぶって」話をしているのを見たり聞いたりすると、笑いを禁じ得ない。
 伝説的経済人と違って、世論工作という大事な仕事をしていて「自分に対する世論」も気にする必要があった淫チキは、妻妾同居こそできなかったが、愛人に
「家族としてやっていこう」
 と迫り(説得し)、実質的な「重婚生活」(?)を続けてゆこうとした、続けられるものだと夢見ていた愚かなほど判断力のない男である。
 こんな男に社会問題を解説してもらおうというのだから、毎日新聞の読者やTBSラジオの視聴者は一切の希望を捨てるべきである。







http://xn--p8j2bhdbq15a.com/entertainer/864/
本名:安田瞳子(やすだ とうこ)
生年月日:1970年10月9日
出身地:滋賀県甲賀郡(現・湖南市)
本籍地:韓国慶尚南道(在日韓国人3世)
血液型:AB型
職業:女優、歌手
活動期間:1991年~
所属事務所:ホリプロ

宝塚時代には星組トップスターとして4年近く在籍したが、日本国籍でないタカラジェンヌがトップスターに就任したのは、鳳蘭(中国籍→日本に帰化)以来2人目でした。

吉田鋼太郎さんと安蘭けいさんが今後どうなるのか分かりませんが、一気にブレイクしそうな吉田鋼太郎さんの今後にはますます期待したいと思います。



2015.8.6 追記
二人の交際が5年を迎えた2014年秋頃に都内の超高級マンションに引越し、同棲生活をしていたようですが、本日のニュースで同棲を解消したという情報が流れました。

テレビ局の関係者によると、4月下旬ごろに安蘭けいさんが吉田鋼太郎さんのマンションを出て行ったそうです。

安蘭けいさんも今年で45歳になり、二人の交際も結婚を前提にしていたものでしたが、近年ブレイクして更にモテモテの吉田鋼太郎さんですから、なかなか結婚に踏み切れなかったのかもしれません。

事実、7月下旬には東京の表参道のカフェで、若い一般女性とデートをしている姿が目撃されていました。

そういった事と自身の年齢を考えて、安蘭けいさんは決断したのではないでしょうか。
(引用終わり)


http://news.livedoor.com/article/detail/9929602/
藤原竜也、ハムレット台湾公演に向けて意気込み「期待に応えたい」

2015年3月25日 13時0分 中央社フォーカス台湾
(台北 25日 中央社)俳優の藤原竜也が24日、台北市内で26~29日に行われる蜷川幸雄演出の舞台「ハムレット」の記者会見に出席し、公演への意気込みを語った。

藤原は「大家好」(みなさんこんにちは)と中国語であいさつし、「素敵な劇場に呼んでもらえて嬉しいです」と台湾公演開催の喜びを語った。稽古について「(出演を)後悔するほど大変だった」と苦労を明かしながらも、「みなさんの期待に応えられるよう演じられれば」と自信をのぞかせた。

台湾での楽しみについて聞かれた藤原は「仕事でなければ」とした上で、「ハムレットは大変。シェイクスピア作品の海外公演も初なので、落ち着いて集中してやりたい」と観光などの予定はないと話した。一方で、前日にホテルの近くで食べたフカヒレが「おいしかった」と笑顔を見せた。

金森美弥子プロデューサーは、体調が芳しくないため訪台を断念した蜷川がこの日午前、役者を見送るため、車いすに乗り酸素ボンベを持って羽田空港まで来ていたとのエピソードを披露。蜷川は直前まで医師に相談していたものの、結局来られなくなったことを申し訳ないと話していたという。

公演は國家両庁院が主催する「台湾国際芸術祭」の招きで開催されるもの。4公演のチケットは発売から1週間で完売した。蜷川演出の舞台が台湾で上演されるのは、1993年の「王女メディア」以来22年ぶりとなる。
(名切千絵)


作成途中