ページ

2016年9月22日木曜日

コリアン洗脳 二人の岩本




 コリアン洗脳、とは、『コリアンによる日本人の洗脳』という意味である。

 数多くのコリアン留学生を抱え、慰安婦宣伝で有名な元朝日新聞記者・植村隆を教官にしていたことで今や「全国区の名声」を勝ち得た北星学園。そこの岩本一郎が、どういった出自をもっているのかは勿論知らない。けれども、岩×という名前には、少なからぬコリアン系がいる。
 コリアン系の人間が、コリアンの利益のために(日本人を貶めるために)いろいろな問題で発言しているおり、岩本一郎の発言がどこから来ているものなのか、思いめぐらしてみるのも必要かと思う。もちろん、先祖代々日本人で、民族的意味合いは一切ない発言なのかもしれない。
 北星学園自体が、偏った思想の教官ばかりを集めているのかもしれないけれども。

 マスコミ・芸人・学者たちが、日本の問題についてあれこれ発言し、あるいは重要な問題については「黙殺」し続ける。たとえば、基本的人権云々を錦の御旗の一つにするはずの憲法学者・岩本一郎は、人権無視のコリアンテロ(日本人拉致事件)については、おそらく、何一つ語っていないのではないだろうか? そういったことから、お里が知れる、というものなのではないだろうか。
 岩本一郎のテレビ画面は、19日のNHK地元ニュースから。北海道のNHKは、高遠菜穂子を英雄扱いしているように、イカレタ放送局であり、毎日毎日、こうして偏向放送を続けている。


 もう一人の岩本。
 岩本勉がコリアン系日本人であるこはウィキにも出ている。本人はそれを秘密にしているわけではない。ちなみに、北日本フーズのキムチを私が好んで食べていることは以前にも記した。
 岩本勉の所属は、あの金森美彌子のホリプロ、である。
 岩本勉が野球だけの発言をしているなら、何も注意を払うことはない。(元ファイターズの金子投手とか、森本ヒチョリらは野球の話しかしていない)
 ところが、この岩本は、
「前妻・現妻・愛人すべてコリアン女性」の宮根誠司の番組に出てきて、宮根と話を合わせて「日本社会についてあれこれ発言している」のである。
 「安部はナチス」という巧みな印象操作をしている宮根の番組で、安部ナチス発言をしたのもホリプロの春香クリスティーンである。ホリプロの反日・コリアン洗脳は各所で続けられている。
 そのホリプロによるコリアン洗脳の「一翼を担っている」のが、この岩本勉、なのだと思う。

 日本人はこういった連中に、いつのまにか「思考を縛られてしまっている」ということに、気づかなければならないだろう。

作成途中