ページ

2016年9月12日月曜日

ワーストスリーに入るスープカレー 琴似

 体調回復には「薬膳」しかない、と思い、カレーを食べに行く。
 札幌に戻ってきて、もちろん、『たちばな』の蕎麦を食べに行き(薬膳のつもり)、『みよしの』の餃子とカレーを食べに行き(薬膳のつもり)、それでもイマイチ体調不良というか疲れが残っているので、薬膳の王道・カレーを食べに、夜、琴似に行く。
 HTBの『世界に一つだけの味』にアクセスして、琴似のカレー屋で、スープカレーが紹介されていたのを見ていたので、地下鉄琴似駅のそばのその店に入った。
 ナンとチキンスープカレー、合わせて1170円。
 人生でこれまで食べたスープカレーのワーストスリーに入る不味いものだった。
 HTBのあのコーナーのプロデューサーの頭を、ハリセンで思い切り殴ってやりたいと本気で思った。

 スープカレーは、昔は南高(我が母校)の近くのピカンティでマトモなものを出していたけれども、今は、推奨できるようなものを出している店は一つもない。たまに探してみるのだけれども、こうして、ヒドイものを食べさせられる結果となっている。