ページ

2016年7月17日日曜日

資料 小池栄子

以下は、毎日新聞のサイトからの引用。元記事はスポニチらしい。

小沢一郎氏からの誘い断り後悔?「今ごろ立候補していたかも」
2016年7月17日
東京都
スポニチ
 作家の村上龍氏(64)と女優の小池栄子(35)が16日、東京都内でテレビ東京「カンブリア宮殿」(木曜後10・00)の10周年と、放送500回(8月4日)を記念する会見を行った。
 企業のトップらをゲストを招き、成功・失敗談を通しビジネスの本質に迫る番組。小池が印象に残っているゲストは小沢一郎氏。「結構気に入ってくれて、“ご飯に行こう”って。丁重にお断りしましたけど、あのときご飯食べていたら、今ごろ立候補していたかも。(小池)百合子さんみたいに」と話し笑いを誘った。(スポニチ)

▲:日本の企業のトップたちが、小池栄子の前で「ハナのシタを長くしている番組」と呼ぶべきか。このパチンコ屋の娘(小池栄子)が、日本人劣等民族論を韓国で垂れ流す小沢一郎に口説かれた(?)というのも納得できる。それをコリアン毎日新聞(コリアンマンセーが更に強いのがスポニチ)が、嬉しそうにサイトに載せている。
 小池栄子の夫がプロレスラーの坂田亘。坂田の師匠が前田日明。前田の祖母譲りの口癖(?)は、日本の国で偉い人がいたらその人はコリアン(系)、というもの。みんなコリアンメンタルなのだろう。