ページ

2016年7月27日水曜日

バカ息子(石原バカ晃)のために老醜をさらす石原慎太郎



▲:映像はテレ朝のニュースで見たけれども、石原慎太郎はやっと立っているという印象だった。身体も、そしてもちろん昔から頭も弱っていたのだろう。そんなにこの世に生きている期間が今後長いとも思われない。その老体を鞭打って、バカ息子のために「老芸」を見せている。もっとも、内田茂を筆頭とする自民党都議会サル軍団を育てのは石原慎太郎で、自民党サル軍団と「協調して都政腐敗」を招いたのだから、サル軍団の実情を世間に知られるのが怖いのだろう。週に1日か2日、2時間か3時間しか都庁に来ることもなく、ペットボトルに入れた「ディーゼル粉」を振って怒鳴り散らすことしかしなかったこの阿呆(石原慎太郎)は、こうしてバカ息子のため、そして自分のために、最後まで醜態をさらしているということなのである。


石原慎太郎氏大暴れ、小池氏に「ウソつき厚化粧女」
日刊スポーツ 7月26日(火)20時44分配信
 増田陣営は自民党本部で各種団体総決起大会を開き、石原慎太郎元都知事(83)が登壇した。石原氏は鳥越氏について「売国奴だよ、こいつは」と“こいつ”呼ばわり。鳥越氏が尖閣諸島で中国と衝突し、人命が失われる事態になるようなら「尖閣なんて中国にくれたらいい」と発言しているとし「こんなバカなことを言うヤツに東京を代表できるか」と切り捨てた。
 小池氏には「私はあの人はウソつきだと思いますよ。私があの人に選挙に出たらいいなんて言ったという。そんなこと毛頭ありませんから。厚化粧の女に任せるわけにはいかないよ」と言いたい放題だった。都連会長で、慎太郎氏の長男、石原伸晃経済再生担当相も同大会で、小池氏の立候補について「自民党の人間ではない」と批判した。
 石原氏が、小池氏を揶揄(やゆ)するような発言をしたことに対し、小池氏を除名覚悟で応援する自民党の若狭勝衆院議員は26日、都内の街頭演説で悔し涙を流した。「政策ではないことで、ああいうことを言われるのは悲しい」と述べ、しばし絶句。小池氏は、「若狭さんが男泣きしてくれた。男を泣かせてしまい申し訳ない」と述べ、「これまでにもひどいことをたくさん言われてきた。もう慣れている。ただ、日本はこれからもおっさんの論理で突き進むのか」と反論。聴衆に「見返してやりましょう」と呼び掛けた。


2016.7.26 18:47 産経新聞
【東京都知事選】
石原伸晃都連会長が小池百合子氏に絶縁宣言「今日をもって自民党の人間じゃない」
 自民党東京都連会長の石原伸晃経済再生担当相は26日、党本部で開いた都連会合で、都知事選(31日投開票)に立候補している小池百合子元防衛相(64)について「今日をもって小池氏は自民党の人間ではない。私はこのように思っている」と述べた。
 小池氏は都連執行部に無断で都知事選への出馬を表明し、都連に推薦願を提出したが、後に推薦願を取り下げた。石原氏は「私のいないときに推薦依頼を持ってきて、その後、また私がいないときに推薦依頼を引き取っていかれた。わがままだ」と批判した。
 都知事選には小池氏のほか、増田寛也元総務相(64)=自民、公明、日こ推薦、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=ら過去最多の21人が立候補している。