ページ

2016年7月1日金曜日

エスティマが唯一の合格車

 先日、日産の販売店に行って、新品のタイヤに交換してもらった。来月、
<北アルプス遠征>
 の登山旅行に友人と一緒に出ることになっているの。旅行中に雨の中で高速道路を走ることもきっとあるだろう。そんなときに擦り減ったタイヤをはいていては心配なので、少し早めに交換したのである。

 エクストレイルなど展示されている車をあれこれ見たり中に入って運転席や後部シートに座ってみたりする。エクストレイルは随分売れているようで、街を走っていて何台も「同時に」信号待ちで並んでいることもある。ただし、中に入ると、まるで潜水艦のように狭く重苦しく圧迫感があるし、シートも堅いし、外観はカメムシのようだし……とても好きにはなれない。



 セレナはいい車で、中も広い。外観はどうしようもないけれども、4駆で後部もフルフラットになる。ところが、車高が185くらいあって、私の家の鉄筋コンクリート製の車庫には入らない。
 今のところ、日産には、4駆・後部座席フルフラット・車高180センチ以下、の車のラインナップはない。担当者はラフェスタのカタログをくれたけれども、この車は内部が狭い。
 ということで、どうせ数年先のことだろうけれども、車を買い替えるとしたら今度はどうしようかなどと思いながら展示車を見て回った。
 本州旅行をしていて、セダンに乗っていると、どうしてもその日の終わりの宿探しに心を砕かなくてはならない。朝起きた時から、その日はどこに宿をとるか、そればかり考えて、スマホで周辺の宿探しに気疲れさせられる。山道を走っていても、このまま一晩森の中で過ごしたいと思っても、セダンの中には寝れない。
 ということで、いざというときに車内で眠ることのできるフルフラット車がいいのだけれども……。

 日産のホームページでカーラインナップを見ても、私の希望に沿うものはない。
 唯一、希望に沿う車は、トヨタが造っている。エスティマである。

http://toyota.jp/estima/grade/

 車高が176センチであり、これなら車庫に入る。4駆でフルフラットにもなる。ハイブリッド車もある。
 ということで、この男が造っている車が唯一私の希望に沿うものなのだが……。



じゃなかった、こっち。


 まぁ、数年後には、日産が、初代プレサージュのような魅力的な車を再び造ってくれることを期待しているしかないのだろう、今の(2代目の)プレサージュはクソだけれども。

PS 今はプレサージュは生産終了になっている。エルグランドに統合されたということである。ところで、エルグランドの燃費の悪さはほとんど犯罪と呼んでいいと思う。
 プレサージュと同じように生産終了となっているけれども、いい車として記憶しているのがステージアである。あれはローレルをプラットホームにして造っていたから恰好が良かったのだろう。