ページ

2016年5月7日土曜日

nfa 人名辞典 2015年12月末まで

やっと2015年12月末まで整理した。


以下は、人名辞典より< さ >で始まる人名。


ささ
さかもと未明 漫画家 コメンテーター 15・9・4(JAL機内事件)
さくらまや 帯広在住の天才演歌歌手 まだ子供 10・8・14
才川大介 KKR札幌医療センター斗南病院外科医 自治医科大学卒 11・2・2
才川悦子 札幌医科大学耳鼻科助教 1997年札幌医科大卒 旧姓・金泉 11・2・2
才木弓加 全く経歴の判らない謎の就職アドバイザー 11・2・9

崔洋一 映画監督 父親はコリアン 母親は日本人だがコリアン系日本人かもしれない 本人は純然たるメンタルコリアン男 11・2・24 2・25 13・3・17 14・3・21(韓国併合肯定なら歴史語るなとのたまう独善クズ・こんな馬鹿がBCR委員というのだから日本の放送界は終わっている)

斎●(=日へんに斤) 香港行政長官梁振英のバカ娘 London School of Economics 14・10・22
斉加尚代 MBS(毎日放送)記者 橋下大阪市長と醜悪な舌戦 平松邦夫の取り巻き(?) 12・5・27


斉藤和義 シンガーソングライター 冷凍鶏肉千原のファン 13・1・30
斉藤利和 札幌医科大学精神科教授 040420 11・19 11・3・10 14・10・17
斉藤貴男 評論家 小説の読者としては全く駄目 040420 7・2・15(禁煙ファシズム)
斉藤由貴 女優 モルモン教徒 040512
斉藤学 イラク拉致3人組をPTSDになる虞があるとした精神科医 040423
斉藤喜美子 函館の医療法人理事長 終末期医療制度を利用した錬金術 5・9・6
斉藤祐三 札幌の弁護士 道警の不正を追及する弁護士を懲戒請求した 4・8・30
斉藤巧 岐阜刑務所長 刑務所で「休み時間に」賭けマージャン大会をして「優勝」の阿呆 15・11・20
斉藤隆広 斉藤祐三のパートナー 4・8・30
斉藤剛容 厚生労働省兵庫労働局の官僚 4・10・16
斉藤泰(ゆたか) 佐世保病院院長 5・3・29
斉藤孝 明治大学教授 腐ったはんぺんのような男  14・5・6
斉藤豪 札医大産婦人科教授 5・5・18 8・11・28 9・3・12(問題点)3・19(地域医療)10・8(香水) 11・5・10 15・11・8(日本の産婦人科医療をリード)

斉藤次郎 元大蔵省次官 04・12・24
斎藤栄 熱海市長 6・12・26
斎藤了英 元大昭和製紙社長 ゴッホの絵を俺の棺桶に入れて焼けといった 日大法学部卒 7・1・14
斎藤舞子 フジテレビアナウンサー 札幌出身 斎藤了英の一族の一人 7・1・14
斎藤斗志二 政治家 斎藤了英の次男 7・1・14
斎藤四方司 ジーク証券会長兼社長 斎藤了英の四男 7・1・14
齋藤宏 みずほコーポレート銀行 8・7・17 7・29(資料) 8・7(資料) 10・5・20 5・21 8・28 11・4・23


斎木昭隆 外務省官僚 アジア大洋州局審議官 4・10・5 14・12・31(外務次官・韓国での事件)
西原恵理子 漫画家 6・2・3 7・6・12 15・5・2(猥褻発言でテレビ番組降板)
西城秀樹 歌手 9・8・28
最相葉月(さいしょうはづき) ノンフィクション作家 醜聞 14・3・23
堺屋太一 元官僚 橋下徹のブレーンの一人 暴力団擁護 12・1・19
酒井紀(おさむ) 日本専門医認定制機構代表理事 5・2・7
酒井啓子 外務省の天下り先アジア経済研究所幹部 岩波・外務省の木偶 現在は東京外語大教授 040413 11・1 7・3・3 13・5・3(猪瀬問題)
酒井法子 覚醒剤タレント 9・8・6 8・21 11・2・1
酒井美紀子 女優 松井秀樹のかつての恋人 15・3・25
酒井順子 エッセイスト 15・7・5(毎日新聞の記事画像)

榊原英資 元大蔵官僚 女婿は旭川出身 早稲田大学教授 5・9・2 7・8・11
坂井文彦 北里大学医学部教授 8・10・28
坂井道郎 マルハニチロ会長 反日芸人を起用する愚者 15・7・3
坂上香 京都文教大学助教授 5・1・27
坂上忍 タレント 山本未来を乗せて飲酒運転事故 14・3・23

坂本一生 タレント NHKドキュメント72時間でのヤラセを告発 15・5・4
坂本義和 元東大教授 リベラル 4・9・27 12・1 7・5・18
坂本俊彦 行方市長 7・7・25

坂本龍一 塩崎の高校時代からの友人 リベラルが占めるアメリカ映画産業で活躍 中核派 7・8・28 8・1・2 4・17 5・21 9・1・15(矢野顕子との離婚の記事) 10・4・25 11・5・16 11・12・1(デマを拡散して反省せず居直り) 12・31 13・7・17 10・4(本質は女々しさ) 14・7・21(中咽頭がん)
坂本美雨 歌手 坂本龍一の娘 15・10・10
坂本直行 画家 15・6・13
阪本順治 反日映画『闇の子供たち』の監督 12・11・3
坂本秀樹 新潟日報部長 水俣弁護団長を中傷して無期限休職 しばき隊 15・11・27 11・28 12・5(壇宿六)
坂尻信義 朝日新聞のリベラル記者 在ワシントン 05・1・16
坂梨四郎 大津赤十字病院院長 5・10・11
崎谷博征 『患者殺し 医療改革のペテン』の著者 4・11・15
櫻井翔 タレント 父親は高級官僚 14・8・20
桜井忠 猥褻事件で辞任した前・苫小牧市長 6・5・23
桜井道夫 美唄市長 8・12・13 9・3・7(事故現場からいなくなる)

櫻井よしこ エイズ報道では尊敬したが靖国問題・BSE問題では呆れる発言を繰り返しているジャーナリスト 5・3・14 6・6 6・5・17 8・7・15 11・3・10(ケビン・メア) 12・8・12 13・4・29(連載記事から引用) 14・11・22(連載記事から引用) 12・27(連載記事から引用) 15・7・4(連載記事画像)
桜井偕子 声楽家 クルト・マズアの妻 コリアンという噂 15・12・20

迫史朗 佐世保市立総合病院医師 心臓外科医 5・3・29
左近司祥子 学習院大学文学部教授 6・9・5
佐川史郎 大阪府立急性期・総合医療センター長 5・6・3

佐伯啓思 愚かな京都大学教授 8・8・7 9・1・2 1・3 13・2・19(体罰擁護のバカコラム) 3・22 15・7・4(毎日新聞のバカコラム)

笹森清 前・連合会長 5・8・16
笹井芳樹 理研副センター長 自殺 14・8・6
笹倉鉄平 版画家なのだが今ではコンピューター機械印刷 15・5・23
笹崎里菜 愛称・ホステス笹崎 ホステスバイトの日本テレビアナウンサー 東洋英和女学院に通いながらホステス 14・12・27 15・4・3(入社式) 6・6
佐木隆三 下関海峡近くに住むオメデタイ老人 6・5・29 12・5・30(老々離婚) 14・10・17(独居)
佐々淳行 石原慎太郎のブレイン 反ユダヤ主義者 9・3・25(英文) 14・5・22(日本リスクコントロール社) 8・23(週刊新潮の記事)
佐々木毅 汚職教授を野放しにしていた前・東大学長 8・7 040408 9・29 5・8・17
佐々木修一 市立札幌病院事務局長 4・7・8
佐々木真一 トヨタ自動車副社長 10・2・6
佐々木則夫 東芝副社長 11・7・3
佐々木洋 岩手県の醜悪な花巻東の監督 13・8・22・23
佐々木洋平 韓国語講師 佐藤のりゆきのとりまき 14・11・12
佐治信忠 反日サントリーの社長 日本海を東海と表記宣伝して輸入マッコリを販売 12・4・20 14・4・13(売国の味サントリー)
佐高信 評論家 040420 0605 0621 12・9 5・1・25 5・7・21 11・11・20(田原との対談には笑わされる) 11・21(三井の宣伝大臣・寺島を揉み手をしながら称賛) 12・3・11(在日の噂)
佐竹敬久 秋田県知事 ブラジル出張でトラブル 15・11・24
佐村信哉 「大股開き香里奈を再びCMに起用したニッセン」の社長 14・10・26

さやか(SAYAKA) 松田聖子の娘 8・29

佐藤章 福島県立医科大学産婦人科教授 6・11・9 7・12・3
佐藤章(同姓同名注意) キリンビバレッジ社長 まずい商品をどんどん市場へ投入 15・6・5
佐藤勝巳 元産経新聞記者 韓国・朝鮮ウォッチャー 9・24
佐藤可士和 アートディレクター 妻が反町の犬に咬まれる 13・5・26
佐藤悦子 佐藤可士和の妻 15・8・14
佐藤静雄 元自民党衆議院議員 11・10
佐藤三郎 加藤紘一の元秘書 5・8・16

佐藤大介 変態不倫天気予報士 14・12・26
佐藤のりゆき フリーキャスター 札幌北高卒で北海学園大学 14・11・4 15・3・7

佐藤優 拉致無視書店岩波や鈴木宗男と繋がる不気味な外務官僚 モスクワでは「特殊任務」で活躍したキリスト教徒 5・6・6 8・24 9・12 10・3 6・7・10 11・23 7・6・7 6・19 7・18 8・2(保守系雑誌では戦前の日本を賛美) 12・18 8・3・27 7・15 11・30 9・1・10(多くの政治家にモスクワで●を世話したと公言) 9・1・30 11・1・1 4・26(毎日新聞で東電擁護の論陣を張る) 5・11(同志社大学神学部学生時代の学生運動) 7・3(週刊文春2007年3月8日号の記事) 7・29 12・1・15(石川の録音教唆) 13・1・27(天皇親政恐怖政治を望んでいるのか) 4・29(原発推進は国家の尊厳と)
5・2(猪瀬問題) 5・3(ラジオ番組で猪瀬を擁護) 11・23(週刊文春の記事) 14・5・21(有田芳生)
7・3 7・13(醜悪なキリスト教徒) 8・4(聖書新書) 8・4(スキャン雑誌記事) 11・12(日本一醜悪なキリスト教徒) 11・22(石川知裕との対談本の下品さ) 15・7・2(沖縄独立・琉球新報記事) 7・18(反知性主義関連記事) 7・20 8・8(禁煙ファシズム駄文) 9・20(売春組織摘発)

佐藤友哉 芸術の森美術館館長 愚劣な現代アートを100万で 14・12・31
佐藤一樹 元東京女子医大心臓外科医 5・11・30 12・19 6・3・27 12・2 7・9・19 11・26 10・8・24 11・4・29(地方紙の無罪確定)
佐藤渓 画家 13・10・31(洲之内) 15・5・15(別府の美術館)
佐藤浩市 反日俳優 『闇の子供たち』主演 三国連太郎の息子 13・4・15
佐藤立志 社会保険や介護に関する著述家 6・2・27
佐藤行雄 元国連大使 日本国際問題研究所理事長 反日論文を出す組織の責任者 6・9・11
佐藤博 八雲町立病院院長 15・6・13 6・16
佐藤博文 弁護士 札幌合同法律事務所所属 自由法曹団系 女性自衛官セクハラ訴訟 7・5・11 9・10
佐藤孝道 KKR虎の門病院から聖路加にやってきた産婦人科部長 8・10・20 11・9・14(裁判)
佐藤良雄 尖閣問題では日本が中国に戦争をふっかけているという北海道経済人 クズ 12・10・25
佐藤雄平 不適切発言の福島県知事 11・11・1
佐藤聡之 北海道平和フォーラム事務局次長 11・11・7
佐藤信逸 東北の闇・岩手県山田町町長 13・3・23


佐野公昭 市立札幌病院消化器内科医長 4・7・6 8・18
佐野文男 前北海道公安委員会委員長 前札幌社会保険総合病院院長 現北海道地域医療振興財団理事長 北大第一外科同門 5・3・3 3・25
佐野実 少なくともこの男の弟子の一人のラーメンは美味くはない 5・7・22
佐野真一 『東電OL殺人事件』 9・4・19 4・25 5・4 10・1・1 13・4・28(橋下の記事)
佐野洋子 10・9・11(読売新聞の記事) 11・5(訃報) 12・5(追悼文) 12・12
佐野研二郎 東京五輪エンブレム事件 ピーチジョンの野口美佳と家族ぐるみのつきあい 15・8・8 8・18 9・22
佐野恵子 佐野研二郎の妻 15・8・18
佐野究一郎 佐野研二郎の親戚 15・8・18
佐野総一郎 佐野研二郎の親戚 15・8・18

里見進 東北大学医学部病院長・教授 5・9・15 7・8・12 8・28
里見治 セガサミーホールディング 14・5・30
真田広之 俳優 5・2・14

沢木耕太郎 ノンフィクション作家 13・8・28(藤圭子)
沢口(澤口)俊之 元北大医学部教授 セクハラ問題 6・3・31 11・1・29 15・3・27
澤口たまみ 絵本作家 
沢尻エリカ 日本人男性とアルジェリア人(フランス国籍)女性とのあいだに生まれたタレント 7・10・3 9・1・25 10・18(呆れた写真)

澤地久枝 ノンフィクション作家 沖縄在住 リベラル 4・8・4
沢田研二 歌手 憲法9条擁護運動に参加 8・11・30 9・10・23 12・4・14(JCASTの提灯記事) 7・3(南コリアが日本を仮想敵国と米に提案) 13・8・15 15・1・27(火病発作)
沢村拓一 プロ野球選手 人身事故 12・10・20 13・4・24(不倫・DV)
澤田祐介 長野県副知事 名古屋大学医学部卒 6・7・11
澤田秀雄 旅行会社HIS社長 10・7・31 14・4・27 15・1・30(スカイマーク株売り抜け)
澤芳樹 大阪大学第一外科教授 北村惣一郎の弟子 9・7・3

猿谷要 結局アメリカを理解せずに死ぬであろうアメリカ研究者 中畜 5・9・12
猿田佐世 弁護士 新外交イニシアチブ メア舌禍事件 12・10・30 13・1・13
三笑亭夢之助 落語家 7・10・31


サートン(メイ) アメリカの作家・随筆家 04・12・3
サイババ ビブーティーはXファイルにも登場 笑ってしまいました 040506
サイード イスラム系著述家 15・12・16
サガン、フランソワーズ 作家 15・9・13
サター(ロバート) ジョージタウン大学教授 5・5・13
サラ・ボーン(Sarah Vaughan) ジャズ歌手 10・28 12・3・4
サリンジャー 作家 040408
サルダナ、ゾーイ 映画女優 『スタートレック』『アバター』 10・3・19
ザウパー、フーバート(Hubert Sauper)『ダーウィンの悪夢』の監督 7・2・22
ザフランスキ、リューディガー(Ruediger Safranski)ドイツの評論家・哲学者 11・4・19 12・8・11 9・4 9・21 9・22