ページ

2016年4月21日木曜日

仮面夫婦? 榊原郁恵 渡辺徹





▲:部屋の整理のついでに、もう一冊、女性セブンが出てきた。
 この号を買ったのは、きっと(自分ではもう思い出せないけれども)この渡辺徹に関する記事のためなのだろう。どこか他の雑誌で、もっと詳しく、渡辺徹の節操のない「女漁り」の記事が出ていたと思うけれども……。
 本州を車で旅行しているときには、ラジオを付けて聴きながら運転していることが多い。昼近くのラジオ番組に、
「聖教新聞提供 渡辺徹の家族の時間」
 とかいうタイトルの番組があり、渡辺徹が家族愛の素晴らしさを、視聴者からの手紙をもとにして「熱く語る」というものなのである、けれど……。
 渡辺徹自身がこんな「生き方」をしていて、それで恥ずかしくもなく家族愛を称えているとは。
 そう呆れて、この号の女性セブンを買ったのだった、と記憶している。

 もう一年近く前の記事である。
 榊原郁恵と渡辺徹は、今も、何事も無かったかのように、仮面夫婦を続けているようである。