ページ

2016年4月9日土曜日

歩く品性下劣・橋下徹

2016.4.8 18:19 産経新聞
「橋下氏が性的接待」の文春記事、「真実と認められない」と大阪地裁 文芸春秋に賠償命令
 性的接待を受けたとする週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、前大阪市長の橋下徹氏が発行元の文芸春秋に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が8日、大阪地裁であり、金地香枝裁判長は同社に220万円の支払いを命じた。
 判決によると、週刊文春は平成25年5月30日号で、橋下氏が政界進出前、顧問弁護士をしていた大阪市西成区の「飛田新地料理組合」側から、風俗店で性的接待を受けたという内容の記事を掲載した。
 判決理由で金地裁判長は「内容を裏付ける客観的な資料がなく、真実とは認められない。真実と信じる相当な理由もない」と名誉毀損(きそん)を認定。政治家としての社会的評価も低下させられたと判断した。
 文芸春秋は「控訴を検討する」とコメントした。

▲:でも、アメリカ軍の高官に、カメラが回っている前で、風俗店の利用を勧めたという品性下劣ぶりは、映像が残っているので「真実」である。
 愛人とコスプレセックスをしたことも、相手が認めているのだろうから、真実なのだろう。