ページ

2016年4月6日水曜日

今夜は弥生軒 サントリー 生協

 弥生軒、というものに今更感動しているのは、北海道だけである。
 北海道には一軒しかない。しかも、つい最近オープンした。南郷18丁目駅のそば。つまり、私の家から車で3分くらいのところ。ということで、今夜は弥生軒で厚切りカルビーナンタラ定食というものを食べた、キリンのオールフリーと一緒に。
 浅草の東横インによく泊まっていたころ、すぐ目の前に弥生軒があったので何度か食べたけれども、東京の小さな店とはまったく異なり、幹線通り沿いにできた、この割と広めの駐車場もある弥生軒は、オシャレで綺麗である。中はインストルメンタルジャズが流れている。雰囲気だけは高級レストラン。
 そこに、クロックス、シワのよったチノパン、くたびれたポロシャツの、いかにも貧相な男が(私)、一人で食事を取ってきた。
 この店は2回目。しかし、4回来た。うち2回は、駐車場がびっしりで入れなかった。

 家へ帰る途中、大谷地の生協に寄る。

 コーヒーばかり飲んでいると、無性にお茶が飲みたくなることがある。とはいっても、急須を使ってお茶を淹れると後片付けが面倒なのでティーバッグを買うことになる。。先日サツドラに入って、宇治園で出している玄米茶のティーバッグを買ったのだけれども、家に戻ってこれを使ってみると、殆どお茶らしきものは抽出されない。色も出ないばかりでなく、香りも全くといっていいほどない。宇治園、とあるけれども、札幌の会社である。これを、「安物買いの銭失い」という。
 ということで、生協で、普通の玄米茶のティーバッグを買う。
 最近、サントリーが、ブラッドオランジーナ、なるものを売り出して、その商品を山のように売り場のあちこちに積み上げているのだけれども、全く売れていないようである。夕方、というか8時近くになって見てみても、積み上げられているこの毒々しい商品は減っていない。
 ざまーみろ東海サントリー、と呟いた。
 ブラッドオランジーナは売れないだろう。
 麦芽を増やしたとかいう新しいオールフリーも不味い、ザモルツも売れない、そして毒々しい色のオランジーナも販売に失敗している。まぁ、セサミンで儲けるつもりだからいいのだろうけれども、ヘリコプター登山家三浦ナンタラも元気なようだし。


 それにしても、生協の店内で流されている生協のカードマネー(?)のCM 放送のうるさいこと。騒音で人の思考を破壊しようとしているとしか思えない。
 7時過ぎに、保険屋から電話があり、火災保険の更新について話をした。