ページ

2016年3月20日日曜日

九州迷宮 佐世保


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B8%96%E4%BF%9D%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%AB%98%E7%94%9F%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
佐世保女子高生殺害事件(させぼじょしこうせいさつがいじけん)とは、2014年7月26日に長崎県佐世保市で発生した殺人事件。



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B8%96%E4%BF%9D%E5%B0%8F6%E5%A5%B3%E5%85%90%E5%90%8C%E7%B4%9A%E7%94%9F%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
佐世保小6女児同級生殺害事件(させぼ しょうろくじょじ どうきゅうせい さつがいじけん)とは、2004年6月1日午後、長崎県佐世保市の市立大久保小学校で、6年生の女子児童が同級生の女児にカッターナイフで切り付けられて死亡した事件。小学生の女子児童による殺人事件でかつ学校が舞台であり、世間に大きな衝撃と波紋を広げた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E4%BD%90%E4%B8%96%E4%BF%9D%E6%95%A3%E5%BC%BE%E9%8A%83%E4%B9%B1%E5%B0%84%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件(ルネサンスさせぼさんだんじゅうらんしゃじけん)は、2007年12月14日に長崎県佐世保市名切町のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」で発生した銃乱射事件である。スポーツクラブ会員の男がクラブ内で散弾銃を11発発砲し、男女計2人を殺害、6人に重軽傷を負わせた。この事件の後、犯人は自殺。この事件では銃規制の不備が指摘され、翌年、銃刀法が改正された[1]。






(2014年12月30日)
7月に起きた長崎・佐世保の高1女子殺害事件で逮捕された同級生の少女A子(16)は精神鑑定にかけられている。 10月にA子の父親が自殺したことで、「真相解明がさらに難しくなり、裁判が長期化する恐れが出てきた」(捜査事情通)。 

 あれから5カ月。佐世保の街を再度、訪ねてみた。事件が残した爪痕は深すぎるようだ。地元住民がこう言う。 
「被害者と加害者の2人の少女が通っていた高校では定期的に集会を開くなど、今でも事件を引きずっている。 
殺害現場のマンションや父親の自宅は、いまだに“観光地”になっています」 

 現場マンションは商店街に近く、そこそこ値が張る優良物件だったが、事件後、退去者が増えて「取り壊しの話まで出てきています」(地元不動産業者)。 
 父親が住んでいた“豪邸”は雑草が生い茂り、周囲は落ち葉にまみれていた。 
「電気はいつも消えたまま。住んでいる様子はない。事件直前に父親と再婚した30代の継母は、父親の自殺後、東北の実家に戻ったと聞きました。 
都内の有名大に進学したA子の兄は、退学してしまったようです」(地元メディア関係者) 
 父親が経営していた県内最大の弁護士事務所は名前を変え、共同経営者だった弁護士が引き継いだというが、 
「経営はなかなか厳しいようです」(地元メディア関係者=前出)。事務所の表札には、父親の名字の部分にガムテープが貼ってあった。 
 A子を診察していた精神科医は、事件の約1カ月半前、佐世保の児童相談所に「人を殺しかねない」と通報。ところが、児相は対応を協議する会議を開いていなかった。 
県の報告書によると、当時、児相幹部が部下にパワハラ発言を繰り返しており、職員が上司に相談しづらい状態だった。それが通報の放置を招いた可能性があるという。 
「A子は自殺した父親の遺体と対面した。顔色ひとつ変えず、無表情だったといいます」(捜査事情通=前出) 
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20141230-00000001-a_aaac