ページ

2016年2月28日日曜日

TERU 日本死ね・に賛同 野口美佳 大貫亜美 坂本美雨

GLAY・TERUも「保育園落ちた日本死ね」賛同 家族がかつて同じ経験していた
サンケイスポーツ 2月26日(金)19時29分配信
 ロックバンド、GLAYのボーカルのTERU(44)が26日、話題の匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」について、ツイッターで「僕はこの女性を支持します」と賛同した。

 同ブログは保育園を申し込むも落選したブロガーが「一億総活躍社会じゃねーのかよ」「子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?」「何が少子化だよ」などと待機児童問題に対する怒りをつづったもので、多くの人が共感。話題を呼び、テレビのワイドショーなどで取り上げられている。


 TERUは「話題になってる問題」と切り出すと、「実際、僕の個人事務所の経理を任せてる妹や従姉妹が全く同じ問題で苦しんできました」と自身の家族も同じ経験をしたことを明かし、他人事ではないと感じたようだ。2年後に保育園に入れたそうだが、「政府には本気で考えて欲しい問題です」と訴え、同匿名ブログのタイトルとリンク先を掲載した。


 ツイートを見たユーザーからは賛同の声が多数投稿され、中には保育士をしているという人からも「現場は現場でいっぱいいっぱいです」「時々パートで保育園手伝いに行きますが とにかく保育士の給与は低いです。男性は家族を食べさせられるお給料ではありません。命を預かる大変な仕事なのに…」「TERUさんみたいに声の大きな人に関心を持って頂いてて嬉しい」などのコメントが寄せられている。



▲:日本死ね、のほうにも賛同しているというか、そちらがメインなのかもしれないと思えてくるのは何故なのだろう。

 ところで、
 グーグル <TERU 野口美佳


大貫亜美のウィキより

来歴
1973年9月18日、第二子として誕生。
1978年4月、私立カナリヤ幼稚園入園。
1980年4月、町田市立忠生第七小学校入学。
1982年、一家で韓国(ソウル)へ移住
1986年、兄の城司が病没。帰国。4月、横浜市立中山中学校入学。剣道部入部。



TERUのウィキより
2001年
4月 - 坂本龍一を中心とする地雷排除支援活動地雷ZEROに協力し、チャリティーソング「ZERO LANDMINE」に参加。


▲:去年、東北を旅行して秋田を走っていたら、ラジオから坂本美雨の番組(東京FM・坂本美雨の舌足らずの話し方はDJとしては下手くそのヒトコトに尽きるのだけれども、コネなのか親の七光りなのかいまだに番組が続いている)に、このTERUが出ていて、二人でつまらないトークを続けていた。
 糟糠の妻と別れても(捨てても?)、川谷絵音(こちらはまだ未遂だけれども)のように叩かれないのは、凄いバックが後ろにいるからなのかもしれないけれども、そこは不明である。