ページ

2016年2月29日月曜日

修羅の福岡 予備校生殺人



毎日新聞西日本版 2016年2月29日



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160228/k10010424851000.html
女子予備校生殺害 出頭の少年も同じ予備校に
2月28日 18時37分
女子予備校生殺害 出頭の少年も同じ予備校に
27日夜、福岡市西区の路上で、予備校に通う19歳の女子生徒が刃物で刺されて殺害された事件で、手にけがをして交番に出頭した知り合いの19歳の少年は、去年春から女子生徒と同じ予備校に通っていたことが警察への取材で分かりました。警察は少年が女子生徒を刺したとみて、けがの回復を待って殺人の疑いで逮捕する方針です。
27日午後9時前、福岡市西区姪の浜の路上で近くに住む予備校生の北川ひかるさん(19)が首や顔などを刃物で刺されて倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。
通報があった直後、近くの交番に両手にけがをした19歳の少年が出頭し、「知り合いの女性をナイフで刺した」と話したということです。少年はその後病院で手当てを受けています。
警察によりますと北川さんは熊本県出身で、兄と2人で暮らしながら福岡市内の予備校に通っていたということですが、少年も去年4月から同じ予備校に通っていたことが警察への取材で分かりました。少年は予備校の寮で生活していたということです。
警察は、少年が刺したとみて、けがの回復を待って殺人の疑いで逮捕し、事件のいきさつを調べることにしています。
予備校関係者「まじめで模範的な生徒」
北川さんが通っていた福岡市内の予備校の関係者は、取材に対し、「非常にまじめで模範的な生徒でした。ずっと志望大学を目指して頑張っており、国公立大学の前期試験が終わったばかりなのに、事件に巻き込まれてしまい残念です」と話していました。

▲:少年法。自首してきているので、恐らくほんの4、5年で社会復帰、できることを承知で犯行に及んだのではないだろうか。それにしても、ナイフ2本と手斧を用意して殺害したというのだから......日本は未成年犯罪者の天国なのであることを、今後の裁判でも十分に知ることができるだろう。裁判すら無いかもしれない。




福岡の予備校生刺殺、全身に20か所以上の傷
2016年02月29日 13時17分 読売新聞
 福岡市西区の路上で27日夜、近くの予備校生北川ひかるさん(19)が刺されて死亡した事件で、北川さんに20か所以上の切り傷や刺し傷があったことが捜査関係者への取材でわかった。
 同じ予備校に通う少年(19)が「女性を刃物で刺した」と交番に出頭しており、福岡県警は、強い殺意があったとみて調べる。
 司法解剖の結果によると、北川さんは、頭から足にかけて刃物によるとみられる切り傷や刺し傷が20か所以上あり、死因は出血性ショックだった。傷は首から上に集中していたという。両腕には、抵抗した際にできたとみられる傷もあった。
 県警によると、27日午後8時50分頃、福岡市西区姪の浜の路上で、「男が女性を襲っている」と110番があった。約15分後、少年が「知り合いの女性を刺した」と近くの交番に出頭。少年は両手に深い切り傷を負っていた。現場には、血の付いたナイフ2本(いずれも全長二十数センチ)と、小型のおの(全長二十数センチ)が落ちていた。



 修羅の福岡、夕方の番組でイノシシを槍で血だらけにして殺す(最後はスコップで頭を叩き殺す)シーンを堂々とテレビで流すような「国」であることは、ここに記した。
 19歳の予備校生の殺人犯が、全長二十数センチの手斧を用意する(ウガンダの大量虐殺で使われたマシェットというものだろう)って、本当に修羅の国ならではのことだと感慨深い。
http://restfultime.blogspot.jp/2014/09/blog-post_16.html