ページ

2016年2月9日火曜日

再び自民党政界失楽園 いつか来た道・安倍政権劣化議員たち 宮崎謙介 金子恵子

育休国会議員の“ゲス不倫”お相手は女性タレント
週刊文春 2月9日(火)12時1分配信
  自民党の宮崎謙介衆院議員(35)が地元・京都で女性タレント(34)と不倫・密会していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。1月30日、宮崎議員は伏見区の自宅に東京から来た女性タレントを招き入れた。女性タレントは一泊した後に帰京した。
 この6日後の2月5日朝方、宮崎氏の妻で同じく自民党の金子恵美衆院議員(37)が都内病院で無事男児を出産。宮崎氏も出産に立ち会っている。
 宮崎氏は昨年12月、自らの結婚式後の囲み取材で国会議員としては前代未聞の「育児休暇取得宣言」をぶち上げ、議論を巻き起こしていた。
「公職にある国会議員がプライベートを優先し、育休中も歳費が全額支払われるのはおかしい」といった批判も上がったが、宮崎氏は「ここまで批判があるなら、絶対に折れるわけにはいかない。女性だけに産め、働け、育てろなんて不可能だ」(毎日新聞2月2日付)と反論。女性を中心に「子育ての在り方を考え直すよい機会になる」と期待の声も大きかった。
 週刊文春は宮崎氏に電話で事実確認を求めたが、「いやいやいや。勘弁してくださいよ。どういう時期か分かってるでしょ!」と話し、一方的に電話を切った。宮崎氏は女性タレントの名前すら知らないとトボケたが、電話の直後、女性タレントのブログやツイッターから2人が会っていた1月30日と31日の記述が削除された。
 妻だけでなく、男性の育休取得を応援するすべての人の期待を裏切ったイクメン政治家の“ゲス不倫”。宮崎氏には、選良として責任ある対応が求められる。
<週刊文春2016年2月18日号『スクープ速報』より>



2016.2.9 15:17 産経新聞
「育休宣言」の宮崎衆院議員に不倫疑惑 週刊文春が報道へ、党内で批判強まる 記者団の取材に“逃走”
 自民党の宮崎謙介衆院議員が、妻で同党の金子恵美衆院議員の出産直前に不倫していたとする記事が、10日発売の週刊文春に掲載されることが9日、わかった。育児休業取得を宣言し、国会議員の育休の制度化を推進していた宮崎氏の不倫疑惑に、党内で批判が強まっている。
 週刊文春に掲載予定の記事によると、宮崎氏は1月30日から31日にかけて、自身の選挙区である京都市内のマンションに30代の女性タレントと宿泊。宮崎氏は京都市長選の応援のため地元に戻っていたという。
 宮崎氏は9日の衆院本会議に出席後、国会内で記者団に不倫疑惑について問われたが、無言のまま駆け足で車に乗り込んだ。
 宮崎氏は、文春報道について自民党執行部に報告済みだというが、ある幹部は「育休を訴えておきながら、これ(不倫疑惑)では自民党どころか国会議員全体のイメージダウンにもなりかねない」と憤った。
 宮崎氏は妻の金子氏の妊娠を受けて育休の制度化を提案したが、党内で賛否が分かれた。長男が生まれた2月5日には、自身のブログで「これから2人で大切に育てていきたいと思います」と報告していた。



宮崎謙介
人物・エピソード[編集]
身長188cm、体重78kg、血液型O型[5]。
2006年に加藤鮎子と結婚するが3年あまりで離婚。この時は宮崎が加藤姓に変え加藤紘一の引退後の出馬に控えていた[6]と報道されるが、本人は「当時は政界に興味は全くなかった」と否定している。2015年5月19日、同じ二階派所属の金子恵美との結婚を発表した[7]。離婚の原因は宮崎の女性問題であったと報道されている[8]。
妻の出産が控えている中、男性の育児休暇について、「休暇を取ることによって職場で冷遇されるのではないかということが障壁になっている中、国会議員が先例となって率先して育児に参加したい」として、国会中に一ヶ月程度の育児休暇を取りたいという意向を示した。更に、育児中の自民党議員とともに、勉強会を発足させ、規則の改正を求めていくとしている[9]。このことについて、女性活躍を担当する加藤勝信一億総活躍担当大臣は、「男性の育児休暇を促していきたい中で、議員が率先してやっていくのは大事」と述べるとともに、現状、衆議院の規則では育児休暇の規定はないため、「民間の就業規則などとは違うので、どのように国会の制度に入れていくのか、国会で議論してほしい」、「国民から負託を受けた一票は大変重たいが、それをどう行使していくのかバランスの問題だ」との考えを示した[10]。
金子が出産のため入院中、自宅に宮崎が若い女性を連れ込んだとの報道があった[11]。


金子恵子
新潟県西蒲原郡月潟村(現新潟市南区)生まれ(本籍地は新潟市南区(旧白根市)清水)。月潟村立月潟中学校、新潟県立三条高等学校、早稲田大学第一文学部文学科演劇専修卒業[2]。大学在学中、イギリスのバースやアメリカ合衆国のバージニア州アレキサンドリアでホームステイし、ネパール・ムスタンで近藤亨の下、農業支援に従事した経験を有する。
2000年に大学を卒業し、新潟放送でアルバイト勤務。2002年に「新潟県きものの女王」、2003年にミス日本関東代表に選出された。その後、韓国の梨花女子大学校に留学


▲:第一次安倍政権の劣化議員・劣化大臣たちを思い出す。バンソーコー赤城とか、蛇顔塩崎とか、そういった連中のせいで、どんどん支持率は下がっていった。蛇顔は今も厚生労働大臣をやっているけれども。
 ドリル傲慢女の小渕優子とか、強制キスの橋本聖子とか、路チュー不倫の中川郁子とか、それでなくても劣化した自民党議員に国民はウンザリしているのに、今度はエラソーに産休寄越せ騒ぎを起こしていたこの阿呆(宮崎謙介)の、
<女房が出産入院中に若い女を自宅連れ込み事件>
 である。驕る平家は久しからず。こんな阿呆たちをそのまま放置しているとすれば、安倍晋三も同じ阿呆と呼ばれるようになるだろうし、第二次安倍政権も沈没してしまうかもしれない。