ページ

2015年12月18日金曜日

EXILEに罪はない サントリーがバカなだけ






http://www.cyzo.com/2015/12/post_25466.html
2015.12.16 水
演技だけじゃない! CM起用商品の不振でEXILEグループがヤバイことに……
 新曲を発売すればバカ売れ、コンサートを行えば超満員。ノリにノッてるEXILEグループの最大の弱点といえば、“本業以外”だろう。
 メンバーのAKIRAは今年、連ドラ『HEAT』(フジテレビ系)に主演するも、歴史的大惨敗。内定していた映画化の話が吹き飛ぶという、前代未聞の事態となった。
「何度も指摘されていますが、いわゆる“棒演技”が原因でしょうね。AKIRAだけではなく、TAKAHIROや元祖“棒俳優”のMAKIDAIの演技もある意味、中毒性があってヤバイですよ(笑)」とはテレビ関係者。
 業界では「EXILEドラマ=大コケ」というレッテルが貼られ、来年以降、共演を望まない芸能事務所が続出しそうな気配だ。
 そんな中、新たな現象が悩みの種となっている。EXILEグループが総出演するサントリービールの大型新商品「ザ・モルツ」の売り上げが芳しくないのだ。
 同商品は9月にスタンダードビール市場を狙い、満を持して発売。現在放映中のCMソングはATSUSHIが作詞した新曲「Ki・mi・ni・mu・chu」(rhythm zone)だ。
 飲料メーカー社員は「大量の広告投資と低価格攻勢で脅威でしたが、11月ごろから販売量は失速。当初は店頭の目立つ位置に置かれていたが、最近は後ろの方で地味に陳列されるようになった」と話す。
 サントリーは「5年後に年間1000万ケースを狙う」と意気込んでいるが、達成は困難な情勢という。

 こうなると、CMキャラクターに起用されたEXILEにとばっちりが行くのも無理はない。代理店関係者は「EXILE人気を支えているのは、女性が大半。昔よりビールを飲む女性は増えてはいるが、やはり売り上げを支えているのは男性。その男性からEXILEがどれだけ好感を得ているかが問題で、プライベート風な飲み会風景を収めたあのCMはファンにはたまりませんが、正直主役はビールではなくメンバーになってしまっている。ところどころで垣間見える、メンバーのナルシスト感もいただけません。イラっとする男性は、案外多いのでは?」と指摘する。
 アーティストやタレントにとって、CM好感度は俳優としての評価とは比べ物にならないほど重い。とばっちりとはいえ「演技もダメ、CMもダメ」という状況に追い込まれなければいいが……。

▲:ビールの宣伝に(発泡酒ではなくて)EXILEを起用した時点で、こうなることは見通せたはず。
 商品も不味いし、宣伝イメージも悪い。
 サントリーがバカなだけのことである。