ページ

2015年12月6日日曜日

岩手県@小沢済州島王国 は本当は異世界

首相が岩手視察、津波到達地点に桜を植樹
2015年12月06日 09時55分 読売新聞
 安倍首相は5日、東日本大震災の復興状況を視察するため、岩手県を訪問した。
 陸前高田市では、津波到達地点に桜を植える活動をしているNPO法人の植樹会に参加。高さ約3メートルの苗木に土を盛り、NPOメンバーらに「(津波を)記憶に刻むことは大切だ。教訓を生かして」などと語りかけた。
 これに先立ち、首相は同県遠野市で開かれた「復興支援道路」の開通式にも出席。同県内陸部の花巻市と沿岸部の釜石市を結ぶ道路の一部区間が完成した。釜石市は2019年のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開催地の一つ。首相は「世界中から選手や観客がこの道路を通ってやってくる。夢と希望を与え、魂を揺さぶる大会になるよう政府も最大限協力する」と語った。