ページ

2015年11月28日土曜日

コリアン暴力団労組の民主党にはこんなクズばかりがいる 小見山幸治

政治資金でライザップに75万…民主・小見山氏
2015年11月28日 03時00分 読売新聞
 民主党の小見山幸治参院議員(53)(岐阜)の資金管理団体「未来改革幸山会」が昨年3月、「スポーツクラブ会費」の名目でトレーニングジム運営会社「RIZAP(ライザップ)」(東京)に75万円を支出していたことが、岐阜県選挙管理委員会が27日に公表した昨年分の政治資金収支報告書で明らかになった。
 小見山氏の事務所によると、支出は小見山氏自身のスポーツクラブの利用料で、昨年1月から秋頃にかけて、都内の施設を利用したという。事務所は読売新聞の取材に対し、「政治活動の一環で、問題はないと認識している」としたうえで、「政治家としてスポーツ振興に取り組んでおり、自ら体験したことを広く有権者に伝えたいという思いがあった」と説明している。

▲:この議員、パチンコチェーンストア協会の会員でもある。仮に数百万の政治資金(税金)をパチンコで使ったとしても、

「政治活動の一環で、問題はないと認識している。政治家としてパチンコ振興に取り組んでおり、自ら体験したことを広く有権者に伝えたいという思いがあった」
 と居直ってくれることだろう。
 こんな阿呆が「良識の府」と自惚れている参議院の議員なのだから、日本人は救われない。

 党首である岡田克也が何も言わないとすれば(言わないのだろうけれども)、ライザップに75万の税金を注ぐのは立派な政治活動であり、民主党はこれからも同じことをする、と宣言するに等しい。


PS
ライザップへの支出「不適切」と削除…小見山氏
2015年12月02日 07時24分 読売新聞
 民主党の小見山幸治参院議員(53)(岐阜選挙区)の資金管理団体が、トレーニングジム運営会社「RIZAP(ライザップ)」(東京)に75万円を支出していた問題で、小見山氏の事務所が1日、岐阜県選挙管理委員会に同団体の収支報告書の訂正を届け出て、この支出を削除した。
 小見山氏の秘書は、読売新聞の取材に「政治活動の一環のつもりだったが、様々な意見や指摘を受け、不適切だったと判断した」と削除の理由を説明した。小見山氏は同日、自身のフェイスブックを通じ、この支出について、同額を資金管理団体に支払い、収支報告書を訂正したと説明。「大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。