ページ

2015年9月3日木曜日

ヨーロッパの終わりの始まり






海岸に打ち上げられた移民男児の遺体、欧州各国で波紋呼ぶ
2015年09月03日 08:04 発信地:イスタンブール/トルコ
海岸に打ち上げられた移民男児の遺体、欧州各国で波紋呼ぶ
【9月3日 AFP】トルコ沖で移民らを乗せた船が転覆した後、海岸に打ち上げられた男児の遺体を写した写真が、大きな反響を巻き起こしている。
 トルコの通信社ドーガン(Dogan)が撮影した写真には、トルコ・ボドルム(Bodrum)近くの砂浜にうつぶせに横たわる男児の遺体が写っている。遺体はその後、警官によって拾い上げられた。
 写真はインターネット上で広く共有され、ツイッター(Twitter)上ではハッシュタグ「#KiyiyaVuranInsanlik(海岸に打ち上げられた人間性)」が世界のトレンド上位に入った。
 英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)は「難民危機の真の悲劇を示す恐ろしい画像」との見出しを掲載。英紙ガーディアン(Guardian)は、この写真が悲惨な現状を「国内に持ち帰った」と報じた。
 英紙インディペンデント(Independent)は、「もし、シリア人の子どもの遺体を写したこの非常に力強い写真をもってしても、欧州の難民に対する姿勢が変わらないとしたら、いったいどうやったら変わるというのか」と報じた。
 また、ハフィントン・ポスト(Huffington Post)英国版は、「何とかしろよ、デービッド」と、同国に到着する移民に対し強硬策をとるデービッド・キャメロン(David Cameron)英首相に迫った。
 スペインでは、エルパイス(El Pais)、エルムンド(El Mundo)、エルペリオディコ(El Periodico)の各紙のウェブサイトも写真を掲載。エルペリオディコ紙は「欧州の水死」とのタイトルを写真につけた。
 男児は、ギリシャのコス(Kos)島に向かう途中の2日朝にトルコ海域で沈没した移民船2隻に乗っていて死亡したシリア人のうちの一人とみられている。
 死亡したのは少なくとも12人で、うち5人が子ども、1人が女性だった。他に15人が救出され、救命胴衣を着け海岸にたどり着いて助かった人もいた。(c)AFP



▲:ヨーロッパが終わる、少なくともこれまで続いていたようなヨーロッパ社会は終わるだろう、それを望むと望まぬとに拘わらず。それは必然といっていい。今後もシリアや中東・アフリカ諸国からの難民が絶えることなくヨーロッパに流入する。
 ヨーロッパがイスラム化するのは必然のことなのだと思う。
 何故なら、もともとのヨーロッパ人(もともとのフランス人・ドイツ人etc)の人口が増えないからである。人口が増えない、つまりは子供を作らない、ということ。(同性愛者が驚くほど多いアメリカでは、人口増加を”担っている”のは、不法移民と避妊をしないカトリック教徒、そしてアジア系のアメリカ人が主であり、やがて白人国家としてのアメリカは終焉する、人口だけから言えば。)

作成途中