ページ

2015年9月1日火曜日

カマキリ二郎吠える 法政大学・山口二郎

015.8.31 17:27 産経新聞
【安保法制】
国会前集会発言集(1)「安倍は人間じゃない。たたき斬ってやる」山口二郎法政大教授
安全保障関連法案に反対する市民団体が主催した8月30日の国会周辺の集会には、民主党の岡田克也代表ら野党幹部のほか、法政大の山口二郎教授や音楽家の坂本龍一氏、学生団体「SEALDs(シールズ)」のメンバーらが参加し、安倍晋三首相を「安倍」と呼び捨てにしながら、「戦争法案反対」「安倍政権打倒」などと訴えた。主な発言は次の通り。

山口二郎法政大教授
 「安倍首相は安保法制、国民の生命と安全のためと言っているが、こんなものは本当に嘘っぱち。まさに生来の詐欺師が誠実をかたどったものだ。安倍政権は国民の生命、安全なんて、これっぽっちも考えていない。その証拠に先週、(東京電力)福島(第1)原発事故の被災者に対する支援を縮小する閣議決定した。線量が下がったから、もう帰れ。本当に人でなしの所業だ。
 昔、時代劇で萬屋錦之介が悪者を斬首するとき、『たたき斬ってやる』と叫んだ。私も同じ気持ち。もちろん、暴力をするわけにはいかないが、安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる! 民主主義の仕組みを使ってたたき斬ろう。たたきのめそう。われわれの行動は確実に与党の政治家を圧迫し、縛っている。与党がやりたいこと、次から次へと先送りして、この戦争法案に最後の望みをかけているが、われわれも力でこの安倍政権のたくらみを粉砕し、安倍政権の退陣を勝ち取るために、今日の2倍、3倍の力で一層戦いを進めていこうではないか」

▲:カマキリ二郎が北大の教授をやっていたとき、橋下徹が大阪府知事選に出て、対立候補を大阪市内で選挙カーの上に立って、応援演説をした。(その選挙カーの上には、コリアンラブ上田文雄札幌市長(当時)も立っていた)。カマキリは、橋下を「チンピラにいちゃん」と呼び、汚い言葉で罵倒していた。
 あんなことを言っても、北大当局からはもちろん処分されない。しかし、私が(仮に)街頭であんなことを言ったとしたら、すぐに職場の上司に呼び出されて「病院(会社)の名誉を傷つけた」として処分されるだろう、と思えた。
 法政大学に移ったカマキリは、大学の性格が更に粗暴性を際立たせたのかどうかは知らないが、
「人間じゃない、叩き斬ってやる」
って、
「人間じゃない、殺してやる」
 という意味ですが、もちろん、figurativeに言っているということで刑事事件にもならないのだろう。
 チンピラぶりを増長させている山口二郎。こんなクズが、日本の政治学者、らしい。