ページ

2015年6月29日月曜日

コリアンと日本人の間の憎悪を煽るフジテレビ そのお先棒担ぎ池上彰



池上彰 緊急スペシャル!
2015年6月5日放送終了
6月5日に放送した金曜プレミアム「池上彰 緊急スペシャル!」において、韓国の方に 日本についてインタビューしているVTRで、2カ所合わせて約10秒、翻訳テロップ並びに日本語吹き替えナレーションの内容と異なる映像を、誤って使用していたことが分かりました。
(1)女性がインタビューに答えるシーン
「嫌いですよ、だって韓国を苦しめたじゃないですか」と、答えている部分で、誤って、韓国を好きな理由について話している、「文化がたくさんあります。だから、外国の人がたくさん訪問してくれているようです」という映像部分を使用していました。この女性は、インタビューの別の部分で、実際に「日本が嫌いです」と答えています。

(2)男性がインタビューに答えるシーン
「日本人にはいい人もいますが、国として嫌いです」と、答えている部分で、誤って、「過去の歴史を反省せず、そういう部分が私はちょっと…」と話している映像部分を使用していました。この男性も、別の部分で実際にこのように発言しています。

いずれも、編集作業でのミスに加えて、最終チェックが不十分であったため、誤った 映像を放送してしまいました。

視聴者の皆様、インタビューにご協力いただいた方々、並びに関係者の皆様にお詫び 申し上げます。今後はこのようなことがないよう再発防止に努めてまいります。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/ikegamiakira_sp/

▲:カエルの面にナントカのように、コリアンフジテレビに反省を求めても無理なことである。
 この件に関して、まだ、池上彰の「見解」が出されていない。
 もちろん、フジテレビはコリアンに支配されていて(コリアン芸人がうんざりするほど出ていて、吉本芸人のナントカ淳が「嫌なら見るな」と凄むバカ放送局)、コリアン勢力が日本人とコリアンの間の憎悪を煽っている(ヘイト放送)をしているのだとしたら、納得である。音声と字幕からドジを踏むということすら思いつかないほど傲慢で軽率になっているのだろう。
 ところで池上彰である。
 後藤健次(日本ユニセフ)や佐藤優(モスクワで日本要人にロシア女を紹介していたゲス)の仲間である池上彰が、マトモな人物だと考えている人がいたとしたら、もう一度あれこれ調べなおしたほうがいいだろう。
 とりあえず、ウソ放送を流した講師・池上彰が何を考えているのか、知りたいものである。