ページ

2015年4月10日金曜日

だってサイタマ

ソウルで県内高校生が集団万引き 副校長が謝罪「全員、自宅謹慎に」
埼玉新聞 4月10日(金)23時12分配信

ソウルで県内高校生が集団万引き 副校長が謝罪「全員、自宅謹慎に」

 県内の私立高校サッカー部員22人が遠征先のソウルで集団万引を起こした問題で、同校の男性副校長が10日、報道陣を前に謝罪し、6日から万引をした22人全員を自宅謹慎処分にしたと明らかにした。

 学校側によると、遠征は3月23~27日、韓国の高校生らと強化試合を行うため、4泊5日の日程で行われた。参加費は1人約9万5千円。遠征には生徒37人と監督、コーチら計41人が参加した。強化試合を終え、帰国当日午前の自由時間中に、参加した生徒のうち、当時2年生だった3年生22人が万引をした。

 生徒らは学校の聴き取りに対して「店の人がいない。他の生徒がやった。自分もできるだろうと思った」という趣旨の話をしているという。

 生徒らは4月、再びソウルに行った際、万引した商品42点を店側に返却して謝罪。商品代金として15万5千円を支払い、示談を進めているという。万引した物品数などが韓国の警察発表と食い違っていることについて、学校側は「分からない」としている。

 副校長は「これまでも厳しく指導してきたつもりだったが残念。世間をお騒がせし店の人にも大変申し訳ないことをした。今後、生徒の心に訴えていく指導をする」と話した。

▲:どうして副校長が会見なのだろう? この程度の事件では校長は出て来なくても良いと考えているのだろうか。このH高校、ウィキによるとこんなこともしているという。

<学園理念として響生ということばを制定している。この理念を前提に週に一度「響生の時間」という集会を催し、決められたテーマに沿って校長が話をするほか、外部から講師を招き講演会を開く。>

 校長が話をするという<響生>という理念は、生徒が外国で(しかもコリアで!)集団万引きしても校長はトンズラして事態が収まるまで消えているということを意味しているのだろうか。