ページ

2015年4月3日金曜日

チンピラ秘書と傲慢議員がチンピラ維新に引導を渡す

2015.4.3 19:46 産経新聞
【浪速のエリカさま病欠疑惑】
橋下市長、火消しに躍起 「一番許せない国会議員の典型例だ!」 都構想への思わぬ“障害”に激怒

 維新の党は「大阪都構想」の住民投票を5月17日に控え、3日告示の大阪府議選と大阪市議選を「前哨戦」と位置づける。ところが決戦直前に上西小百合衆院議員(比例近畿)の「国会病欠旅行」疑惑が浮上。「身を切る改革」を掲げる維新最高顧問の橋下徹大阪市長は3日、維新傘下の大阪維新の会代表の権限で対応を主導し、ピンチをチャンスに転じようと躍起となった。

 「上西氏を大阪に呼び対応を決めたい。税金の使い方を厳しくチェックしていくのが大阪維新の会の原点だ。一番許せない国会議員の典型例だ」

 3日朝、通勤客らで混雑するJR大阪駅前。統一地方選の第一声としてマイクを握った橋下氏が開口一番言及したのは、身内への容赦ない非難だった。

 上西氏は2日のフェイスブックで、3月13日の衆院本会議の病欠を謝罪する一方、14、15両日に旅行に出たとの指摘には「療養に専念した」と反論した。しかし、橋下氏は納得せず、記者への説明を避ける上西氏に対し3日夜の緊急記者会見への同席を求めた。

 橋下氏が機敏に反応した理由は、そのタイミングにあった。統一選の告示はワイドショーが上西氏の疑惑を連日報じる中で迎えた。“不祥事”によるイメージダウンを最小限に抑える必要があった。

 江田憲司代表は2日の記者会見で、党本部主導で事実関係を調査し、「問題があれば厳正に対処したい」と表明した。危機感の相違を感じ取った橋下氏は3日の演説で「維新の党がなんと言おうとも大阪維新は許さない」と強調した。

 橋下氏は昨年12月の衆院選直後、都構想実現に専念するため共同代表を退き、党運営を江田氏らに委ねた。今回いまだ衰えぬ存在感を示したが、面目を失った非大阪系党幹部との間に軋轢(あつれき)を生む可能性も否定できない。

 橋下氏が強硬姿勢に出るのは、住民投票前の失速への懸念がある。大阪市議選の公認候補は過半数に届かないが、各党で最多の38人に上った。統一選前の29議席を下回れば「維新としては負けで、勢いに水を差すことになる」(維新国会議員)。
 府議選も負けられない。住民投票で賛成多数となった場合、平成29年4月の特別区設置までの2年間に都構想関連の条例を府議会で成立させる必要がある。維新顧問の松井一郎府知事は1日の記者会見で「2年間でスピーディーにものごとを進めるために過半数獲得は重要だ」と強調した。
 統一選での失速は維新の崩壊にもつながりかねない。ある維新の府議選候補は「票を伸ばせなければ、メンバーみんなが荷物をまとめて去っていくことになる」と表情を引き締めた。


2015.4.3 22:32 産経新聞
【浪速のエリカさま病欠疑惑・速報5】
橋下市長が「宿泊先は秘書の実家だった」と暴露
 大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は3日夜の記者会見で、維新の党の上西小百合衆院議員(比例近畿)が国会を病欠後の3月15日に出かけた京都府宮津市の宿泊先が、上西氏の秘書の実家だったと明らかにした。上西氏は橋下氏の説明を受け、その事実を認めた。


関連する人物なのかは不明 チンピラ秘書とそっくり顔の人が焼きそばの皿を持っている。

家城総明
https://www.kyotoliving.co.jp/article/120428/front/02.html



2015.4.3 23:34 産経新聞
【浪速のエリカさま病欠疑惑・速報7】
 記者会見場に入る維新の党の上西小百合衆院議員(手前)と大阪維新の会の橋下代表=3日夜、大阪市
 大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は3日夜の記者会見で、国会を病欠した後に旅行に出かけたと指摘された維新の党の上西小百合衆院議員(比例近畿)について「議員を辞めるべきだが、今後大阪維新で協議する」と述べた。4日中に結論を出す意向を示した。
 橋下氏は、問題視する上西氏の行動として、(1)病院に行った3月12日夜に飲食店に出かけた(2)衆院本会議を病欠した3月13日に東京から大阪に移動した(3)病気が治ったとはいえ15日に京都府に出かけた-などを挙げた。
 橋下氏は「総合的に見て国会議員としてあるまじき行動だ。納税者の立場からみれば、こんな議員に給料を払っていられないと思う」と述べた。ただ、「報じられている印象と事実が違うようだ」とも語った。

▲:大阪で立候補して、比例で当選したから「宮津で支援者と会食したのは政治活動で旅行ではない」という弁明。政治活動として宮津に出かけ、たのなら、その旅費などは政治活動費から出しているらしい。で、チンピラ(言動からそう名付けざるを得ない)秘書の実家に泊まった、ということらしい。その宮津の支援者とお礼の会食って、秘書の親戚家族ではないのだろうか? 誰と会食したのかを今後とも明らかにするつもりはないのだろう。
 比例関西ブロック。関西は広い。なぜ、宮津だけ、支援者にお礼をする必要があったのだろう? 不思議な話であり、つじつまが合わないことばかりだけれども、「歩く品性下劣・橋下徹」も、追求できない何らかの事情があるのだろう、共同会見ではいつもの勢いは全く無かった。



「旅行に行ったことは一切ない」上西小百合衆院議員が記者会見で「疑惑」を否定
弁護士ドットコム 4月3日(金)22時25分配信

「旅行に行ったことは一切ない」上西小百合衆院議員が記者会見で「疑惑」を否定
会見はニコニコ生放送で中継された
体調不良を理由に、衆院本会議を欠席した後、「私的な旅行」に出た疑いが報じられている維新の党の上西小百合衆院議員が4月3日、大阪市内で記者会見を開き、「旅行をしたことは一切ない」と公の場で疑惑を否定した。

上西議員は体調不調を理由に3月13日、2015年度予算案が採決された衆院本会議を欠席した。しかし、男性秘書と旅行に出ていた疑いがあると、週刊誌やテレビに報じられた。

上西議員は会見の冒頭で、「週刊誌やテレビ等で報道がされ、有権者や維新の党を支持してくださるみなさまにご迷惑をかけたことを謝罪します」と頭を下げた。

●上西議員「決して遊びの旅行ではない」

問題の経緯について、13日と14日は大阪市の自宅で療養し、15日に地元の市議候補の事務所開きや地元行事に参加していたことを説明。15日夜に京都・宮津で企業経営者や地元議員たちとの会合に参加したと述べた。

この京都・宮津に出向いたことが「私的な旅行」ではないかと報じられていたが、上西議員は政治活動の一環であるとして、「決して遊びの旅行ではない」と強調した。

会見には、橋下徹・維新の党最高顧問(大阪市長)も同席した。橋下氏は「事実関係を確認したい」と述べたうえで、関西テレビの数台のカメラが上西議員を繁華街で取り囲んで取材しようとしたことについて、「カメラであそこまで囲むことは違うんじゃないかと思う」と報道のありかたに疑問を挟んだ。

また、橋下氏は、上西議員の進退について、4月1日の時点で「辞職すべきだ」と厳しく批判していたことを問われると、「僕は14日に旅行していたと認識していたが、裏が取れていない」と述べた。そのうえで、今後、大阪維新の会の執行部メンバーと議論し、4日午後には結論を出す意向を明らかにした。

会見の途中で、関西テレビの記者の取材に対して、「ええかげんにせえよ」「お前ワシの車に当たってるゆうとるんやゴルァ」などと発言した男性秘書も登場。「いくら制止をしても聞いていただけなかった。最初からあのような物言いになったわけではない。最後にああいう発言になったことは、私の不徳の致すところだ」と謝罪した。


さらに、記者から秘書との男女関係について問われると、上西議員は「付き合うことはない」ときっぱり否定した。

▲:13日に新幹線に乗って大阪に向かう元気があるのに、その日の国会には出ないというバカげた居直り。医者の診断書は「自宅安静」のはずだが、大阪に行く理由も水がどうのとふざけた理由。宮津の企業経営者や地元議員らの証言も必要だろう。



産経新聞サイトから
記者会見(19)ショーパブの名は「きんぎょという店です…」
【浪速のエリカさま 記者会見詳報】

 《会見は2時間を超えた。維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長は、上西小百合(さゆり)衆院議員(31)=比例近畿=の軽率な行動を批判しながらも、「今回の報道はフェアじゃない」と主張を繰り返した。マイクが通さずやりとりする場面も増え、記者からは『声が聞こえない。マイクを使ってください』といらだった声も上がった。記者からの質問は続く》

 --今回「不倫だ」と言われてしまったことに、思い当たることはないか

 上西氏「秘書なので車の運転もしてもらっていますし、当然一緒にいる時間は長いですが、わたしとしてはそういう事実はありません」

 《記者の質問にむっとした表情を見せて、上西氏はきっぱりと否定したが、橋下氏の意見は違った》


 橋下氏「それもね。秘書のお母さんの家に泊まっているんでしょう。だからそうとられても仕方がない。ぼくも偉そうにはいえませんが世間からはどうみられるか。それはいろいろあると思います」
 --上西さんに聞きたい。議員を辞職なさるのか

 橋下氏「それについては、僕からの指示で言うなと言っています。ぼくら執行部の結論を聞いてから本人が判断すればいい。(上西氏に)僕は納税者として納得できないとは伝えましたが、事実と報道された内容の印象に乖離(かいり)があるので、まず執行部で判断したい」

 --維新の党とは連動するのか

 橋下氏「それはしません。党に対しては何の権限もないので」

 《週刊誌の報道直後の橋下氏の厳しい論調から、今回の会見は、辞職や除名を発表する会見か-とも考えていた記者からは、後退した橋下氏の口ぶりに、がっかりしたようなため息も漏れた。そのせいなのか、上西氏を追及する質問はさらに厳しくなっていく》

 --本会議の重要性を、国会議員としてどう考えているか聞きたい

 上西氏「大切な職務と考えております。私の体調管理のいたらなさで欠席してしまった。改めて真摯に反省をしているところでございます」

 --12日に行ったショーの店はなんという店ですか


 上西氏「きんぎょという名前の店です」
 --ショーパブだと報道されている。ショーパブには行って国会は休むという国会議員についてどう思われるか

 上西氏「それは、全くもって私の体調管理が至らず。そこは真摯に反省いたしております」

 --謝ったら、胸をはって議員を続けることができるんですか

 上西氏「真摯に反省して…」

 --自分から「辞める」とは言わないのですか

 上西氏「こういうことが二度とないように、真摯に反省いたします」


 《上西氏は、何度も『真摯に反省している』という言葉を繰り返しながら、次第に声が小さくなっていった》