ページ

2014年12月7日日曜日

人は生きてきたように死ぬ、普通は。



 昨夜は録画しておいた、NHKの番組、ETV特集「臨床宗教師」というものを見た。
 私の場合は、3年間某病院に勤務して、毎日消化器癌の患者や白血病の患者などの治療をして、もう十分に精神的に参ったので、「人の死なない医療現場」=「人間ドック」に「敵前逃亡」した経歴を持っている、ので、こうした医療の一線の現場で日々末期癌患者の治療・サポートに当たっている人を見ると、ただただ、平伏するしかない。
 ただ……と、また、余計なことを書いてしまう。
 この、<臨床宗教師>という制度を思いついた、成立させた医師(既に胃癌で死亡している)は、生前のNHKのインタビューの中で、


作成途中