ページ

2014年10月17日金曜日

大腸治っても大脳治らず安倍晋三

小渕経産相:観劇会12年分「報告書に収支一切記載せず」
毎日新聞 2014年10月17日 11時47分(最終更新 10月17日 12時27分)
 小渕優子経済産業相の政治団体で不適切な支出が疑われている問題を巡り、小渕氏は17日の衆院経済産業委員会で、地元後援会が支援者向けに毎年開いている観劇会のうち2012年分について政治資金収支報告書に収支を一切記載していないことを認めた。質問した民主党の近藤洋介議員は「虚偽記載で、政治資金規正法違反ではないか」と指摘した。
 小渕氏の委員会での説明によると、観劇会は07年以降、毎年開催し、参加者は1000〜2000人。1人当たり1万〜1万2000円の会費を集めていたという。近藤氏から「毎年1000万円を超える収入が不足しており、12年分については収支の記載が一切ない。報告書を訂正すべきでは」と指摘され、小渕氏は「現在、支払いの調査をしているところ」と繰り返した。【杉本修作】

▲:まるで昔のフィルムを見せられているような感覚に襲われる。
 能面優子と絆創膏赤城が重なって見える。
 赤城という男も、自宅に対して事務所経費を払っていたという政治資金法違反で追及されたと記憶している。同じ政治資金不正で、また、安倍晋三の閣僚が叩かれている。
 そしてまた、安倍晋三の反応は鈍い。明日も明後日も、首相は何も言わずを決め込むつもりかもしれない。
 大腸治っても大脳治らず安倍晋三
 全く同じ過ちを繰り返すこの首相は、まるで学習能力が無い。中国の高官に卒業大学の件で揶揄されるのも仕方ないのか、とも思わされる。
 小渕優子は終わりである。
「優子ちゃんのおかげで明治座で××(有名俳優)の公演をたった××円で見れたのよ。あなたも後援会に入らない?」と群馬のおばさんたちが頬を紅潮させて勧誘している姿が目に浮かぶ。
 こんな露骨な「有権者に対する利益供与・接待」が認められるわけがない。額もトータルで数千万円にのぼるのではないだろうか。結果的には票を金で買っているに等しいと批判されても仕方ないだろう。
 それにしても、こんな幼稚なことをやっているとは呆れる。閣僚任命前の「身体検査」をどうしてすり抜けたのだろう?
 小渕優子は終わっている。
 それを傍観して何ら発言も行動もしない安倍晋三も、任命責任を問われるのは必至。
 救いは、国民が、コリアン・労組・暴力団の民主党には永遠に愛想を尽かしているということのみ。