ページ

2014年10月3日金曜日

新宿中村屋の新しいカレー



新宿中村屋が出した新しいカレー、

技あり仕込みビーフカリー

 これはいつもの中村屋のカレーより50円ほど安いものなのだが、いつもの中村屋のカレーとは全く異なり

 本当にまずい

 質を落として低価格で売って儲けようという類のカレーなのだろう。

 スパイスなんて全然効いていない、少なくとも私の印象では。
 中に含まれている素材も少なくしかも質も悪い。肉なんて、含まれているのだろうけど殆ど感触されず。安物の100円レトルトカレーと同じ低品質。
 「中村屋」という暖簾に泥を塗った今の経営者・経営陣は、大馬鹿者としか思えない。


 ところで、まともなカレーであるインドカリーレッドマサラビーフ。

 このレトルトカレー、アマゾンで買うと一個324円なのだが、LOHACOのサイトで注文すると、一個、全く同じ商品が、265円である。
 ネットでモノを注文するときは、こうして、比較するということが大切なのだろう。










 アマゾンで買うと、こうした「重い物」は高くつく。ミネラルウォーターも同じ。
 12本の野菜ジュース一箱につき、350円の手数料か……。1本につき30円近い手数料ということになる。つまり1本270円近いことになる。ところで、昨日、全く同じ商品を東光ストア豊平店で買ったのだけど、1本税込で167円だった。アマゾンで買うのと店で買うのとでは、1本につき、100円以上の差があるということ。
 それでも、この商品を売っているスーパー・小売店が無いという地方もあるだろう。1本270円だとしても、アマゾンで買えるということは(全国どこからでも)、そういう地方の人にとってはありがたいものなのだろう。