ページ

2014年9月6日土曜日

修羅の福岡・海辺の山口 福岡・中洲 映画・ケープタウン(Zulu)



 ホテルが中洲にあるので、5日の夜は中洲の繁華街、というか飲食街、というか”修羅街”の中を歩く。
 3日の夜も、4日の夜も、ホテルを出なかった。意識して出なかったということではなく、日中の観光や仕事(学会傍聴)ですっかり疲れていたので、外に出る気持ちにはなれなかったからだ。
 しかし、昨日の夜は映画でも見て過ごそうと思い、博多(福岡)の駅ビルの中にあるシネコンへと向かう。向かう途中、興味本位に中洲の修羅街に足を踏み入れてしまった。
 驚いた。
 ススキノとは全く違う。ススキノすら、最近は行っていないけれども、でも間違いなく、<全く違う世界>である。
 まず、意味不明の男たちが大勢歩道に立っている。<案内人>らしい、というのはなんとなく察しがつく。もちろん、彼らは私なんかは相手にしない。ノースフェイスの登山用Tシャツにジーンズ、足はクロックスという金の無さそうな中年男(頭の上の髪は財布の中の金よりも更に少ない)などに声を掛けても無駄だからである。
 けばけばしい電飾の<無料照会所>もあちこちにある。バーか何かの女の顔が数多く張り出されている。まだ8時半であり宵の口。
 歩道を占拠するかのような異様な雰囲気の男たちに混じって、ビルの下には電飾よりも派手な格好をした女たちが、胸元を開き、脚を大きく露出させた女たちが、何人もあちこちに立っている。
 こんな光景は、ススキノでは恐らく決して見ることはできない。
 ススキノは夜でも一人歩きの女性でも安全、と言われてきたことの意味が理解できた。この中洲の修羅街では、何とも形容できない異様な緊張感が薄紙一枚で抑えられている。
 バカな私でも、観光客気分でこの街の写真を撮ったなら、顔を撮られたと思ったこの歩道の男たちに取り囲まれてとんでもないトラブルにはまりそうだ、ということぐらいは想像できた――ので、もちろん、ポーチからキャノンを取り出すことなどはしなかった。
 前夜、前々夜、ホテルで寝ていて、ときどきサイレンの音が聞こえてきた意味が理解できた。夜中、大きな声で怒鳴りあっているような男の声も外から、窓を通して(5階の部屋だというのに!)聞こえてきた理由も薄々理解できた。
 何よりも驚くのは、まるで歩道を埋め尽くすように大勢いる、この<案内人・客引き>の生活が成り立っているという事実である。
 つまり、それだけ巨額の金が、毎晩この中洲という九州一の繁華街に落ちる、ということを意味している。そこは利権の塊であり、なるほど、甘い汁に吸い寄せられる暴力組織も多数せめぎ合っている理由でもある。

 博多の駅ビルにあるシネコンに着く。

 ネットで調べていた映画、<ケープタウン>を観た。
 オーランド・ブルームを私はこれまで「馬鹿にしていた」。反省する。こんな演技ができる、こんな小汚い役も十分にこなせる、立派な俳優だったのである。

 この日、上映されていた映画の一つが、小栗旬主演の<ルパン3世>。松山ケンイチが「カムイ外伝」で日本の伝統文化遺産(ちょっと大袈裟)を貶めたように、この小栗というダメガキも、ルパン3世の歴史に泥を塗って恥じない。このアホガキについては、以前、ここに書いた。

http://matsuuraatsushi.blogspot.jp/2012/02/blog-post_09.html



どうでもいいけど、今日のネットから拾った記事。
● 小栗旬「山田優の妊娠中に高級ホテルで疑惑の90分」
FRIDAY 9月5日(金)9時0分配信
 小栗旬(31)が結婚に際して、妻の山田優(30)から「浮気をしたらシメます」とクギを刺されたのは有名な話。その山田は妊娠中で、小栗は間もなくパパになる。2億円と言われる豪邸も新築して、小栗は酔ってアブない姿をFRIDAYに何度も撮られたかつての小栗ではなくなったハズだった・・・・・・。だが、FRIDAYは、身重の妻にシメられそうな小栗の疑惑の場面に遭遇してしまったのだ。
 好評の主演映画『ルパン三世』の舞台挨拶に登場してから、数時間後の夜10時過ぎ。あるビストロ前で小栗旬は10名ほどの美女に囲まれ「どもでーす」といった感じで頭を下げていた。酒が入って、小栗の目がトロ~ンと、とろけている。
 美女たちを残した小栗が同じ事務所に所属する俳優の笠原秀幸(31)とともにタクシーで向かった先は、なぜか、都心にある高級ホテル。ホテルにあるコンビニ内のATMで現金を下ろした後、小栗はロビーの隅に身を潜め、帽子を目深にかぶり直した。
 笠原がフロントでチェックイン作業を済ませると、二人は真っ直ぐエレベーターホールへ。と、30分ほどで峰不二子を思わせるフェロモンムンムンな美女が二人、白いセダンに送られてホテルにやってきた。
 向かったのは小栗たちと同じフロア。まさか部屋で密会? 1時間ほど経過したころ、この美女二人がロビーにおりてきた。二人をホテルにデリバリーした白いセダンが待っている。美女たちは後部座席に乗り込むと、運転手に何やら手渡して……、まさかこれは!?
 峰不二子的美女たちが何者かはFRIDAYに掲載されている写真を見ていただくとして、その10分後、小栗と笠原がロビーに姿を現した。わずか90分の滞在でチェックアウトすると、小栗はブルンブルンと腕を振り回し、楽しい時間が終わるのを惜しむように、徒歩で帰宅するのだった。心なしかスッキリした表情の小栗。ホテルの部屋で会心の夜を過ごしたのだろうが、妊娠中の妻は見逃してくれるのか?
『FRIDAY』編集部


http://en.wikipedia.org/wiki/Project_Coast
作製途中