ページ

2014年9月5日金曜日

薬害子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチン、副作用患者は脳障害か 原因は不明
朝日新聞デジタル 9月4日(木)11時21分配信
 子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に長期的に痛みなどの症状を訴える事例が相次いでいる問題で、女性患者32人の髄液を調べたところ、脳に障害が起きている可能性があると、国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター副院長の高橋幸利医師が4日、金沢市で開かれた日本神経免疫学会学術集会で発表した。
 これまでに痛みなどの原因は明らかになっていない。高橋医師は、ワクチンとの因果関係は不明としたうえで、本来なら細菌やウイルスの侵入を防ぐ免疫に異常が生じ、自らの脳の機能に様々な障害を引き起こしている可能性を指摘した。北海道立子ども総合医療・療育センターとの共同研究結果として発表した。
 髄液を調べたのは、昨秋以降に両施設で検査・治療を受けた15~20歳の32人。接種して数カ月~1年以上たってから、痛みのほかに「視野が狭まる」「引き算ができない」「自分の名前や母親がわからない」「強い不安や恐怖感」といった多様な症状を訴える。32人の髄液と、接種をしていない10~40代女性の髄液を比較。32人からは、炎症などを起こす様々な免疫活性物質や、白血球からつくられる複数の抗体が、高い数値で検出されたという。

参照:

http://restfultime.blogspot.jp/2014/04/blog-post_4363.html

▲:北海道の地方テレビ局のニュース番組で、子宮頸がんワクチンの副作用のために常時てんかん様発作に苦しめられている女子高生を見たけれども、こうした被害者が何十人も全国にいる。この姿を見て、「心身症」とか「心因反応」とか言っている医者は、みんな阿呆なのか、それともどこかから何かを握らされて「御用学者」となってしまったか、のどちらかだろう。
 そして、こうした被害の状況を、全国放送のテレビ局などでは殆ど放送していない、代々木コリアン放送も含めて。国会議員、大学医学部教授、放送局、全てが製薬会社の思うままに動いてきて、一方には、人生を台無しにされた大勢の女子高生や女子中学生がいる。
 薬害エイズの教訓など、この国にはどこにもないということ。