ページ

2014年8月23日土曜日

またこいつらか NHKの反日コリアン主義者



8月23日
2014.8.23 03:09 [産経抄]
 「すまじきものは宮仕え」とはよくいったもので、清少納言の昔からサラリーマンは気楽な稼業ではない。今はやりのブラック企業ではなくとも「成果主義」という正体のしれぬ怪物に追いまくられ、日々の疲れを一杯の生ビールで洗い流すことさえままならぬご同輩も多い。

 ▼退職してからなお一層、「わが社」への愛憎がいや増すのもサラリーマンの悲しい性(さが)か。「NHK全国退職者有志」なる人々が、籾井勝人(もみい・かつと)NHK会長の罷免を求めるOBの署名を約1500人分集めたという。

 ▼記者会見した元ディレクターの池田恵理子さんは、「国際的にみたらとんでもない人が公共放送のトップにいる」と口を極めて罵(ののし)った。さて、彼のどこがとんでもないのか。どうやら、半年前の就任会見をいまだに問題にしているらしい。

 ▼記者から慰安婦問題について聞かれた籾井氏は、「今のモラルでは悪いことだが、戦争地域ではどこにでもあった」と述べた。どこかの新聞やテレビが、さも大失言かのように扱ったのは記憶に新しい。

 ▼罷免に値する発言ではさらさらないのだが、池田さんには我慢ならなかったらしい。さすがは在職中から市民運動家と知られ、13年前、昭和天皇に「有罪」判決を下した「女性国際戦犯法廷」なるインチキ模擬裁判に深く関わったご仁だけある。

 ▼つい最近までNHKは、ニュースでも左翼系団体の集会をさも重大事のように扱っていたが、署名した1500人のOBはそんな昔が懐かしいのだろう。朝日でさえやめたのに、NHKがいまだに「従軍慰安婦」なる用語を使っているのも昔の名残である。OBたちが今、せねばならないのは、慰安婦問題などで偏向番組を放送し、視聴者を惑わせた過去への謝罪である。


NHK元職員有志、 籾井会長の辞任求める
2014/8/22 13:11 JCAST
   NHKの退職者有志は2014年8月21日、籾井勝人(もみいかつと)会長の辞任勧告か罷免を求める申し入れをNHK経営委員会に行った。約1500人の賛同者の名簿を添えて提出した。その後、東京都内で記会見を開き、元ディレクターの池田恵理子さんは「慰安婦制度と売春、公娼制度を一緒くたにし、女性の人権についての認識がなにもない」と籾井会長を批判した。元プロデューサーの永田浩三さんは、「NHK職員に言論の自由が保障されていません。残念に悔しく思っている現役職員の代わりとして来ました」と話した。