ページ

2014年8月18日月曜日

世界の現状 日本の現状

抵抗住民の首切断、イスラム国が700人虐殺
2014年08月17日 20時19分 読売新聞
 【カイロ=溝田拓士】英国を拠点とする民間団体「シリア人権監視団」は16日、イスラム過激派組織「イスラム国」が、勢力圏のシリア北東部デリゾール付近でこの2週間のうちに住民ら約700人を殺害したと発表した。
 行方不明者も数百人に上るという。
 デリゾールの部族はイスラム国と同じイスラム教スンニ派だが、イスラム国の統治に抵抗したため、「不信仰者」と断じ、住民を追い回して首を切断するなどしたという。イスラム国は、同じスンニ派でも、統治方針に従わない住民や宗教関係者を容赦なく殺害している。
 AFP通信が報じた人権活動家の話では、イスラム国はイラク軍から強奪した米国製とみられる戦車や迫撃砲を使い、町や村への襲撃を続けている。シリア北部アレッポ周辺でも、14日までに10か所の村を制圧した。イラク北部では米国の空爆を受けているため、シリア北東部に重心を移した可能性もある。


「エボラ存在しない」と叫ぶ集団、隔離施設襲撃
2014年08月18日 01時57分 読売新聞
 【ヨハネスブルク=上杉洋司】AFP通信などによると、リベリアの首都モンロビアで17日、エボラ出血熱感染患者の隔離施設が武装集団に襲撃され、少なくとも20人の患者が逃げたことがわかった。
 目撃者によると、武装集団は「リベリアにエボラは存在しない」などと叫びながら施設を襲撃。AP通信によると、患者の血液が付着したシーツなどを持ち去ったという。西アフリカでは、エボラ出血熱は政府や外国が作り上げた「架空の病気」だと信じている人がいる。


「アイヌ民族もういない」札幌市議、過激発言連発 批判の声に「本当のことを言うと議員辞めなければならないのか」
2014/8/17 17:43 JCAST
   北海道札幌市の金子快之市議が投稿した、北海道周辺の先住民族アイヌに関するツイートが物議を醸している。金子市議はブログで発言の真意を説明しているが、反発の声も出ている。
   金子市議は中国や韓国、札幌市、共産党などに対しても、ツイッターで過激な発言を繰り返していた。批判に対しては「本当のことを言うと議員を辞めなければならないのでしょうか?」と、自説を貫く姿勢を示している。
「ヘイトスピーチだ」「レイシスト!」批判集中
   金子市議は2014年8月6日、札幌市役所前に韓国の国旗が掲揚してある写真とともに、「またもや、札幌市役所に韓国国旗が掲げてありました。いったい札幌はどうなってしまったのでしょうか。強く正しい札幌を取り戻さなければなりません」とツイートした。
   これに対し他のツイッターユーザーから「北海道にはアイヌ民族の問題もある」とのリプライが寄せられると、8月11日にこう投稿した。
「アイヌ民族なんて、いまはもういないんですよね。せいぜいアイヌ系日本人が良いところですが、利権を行使しまくっているこの不合理。納税者に説明できません」
   このツイートが8月14日頃から拡散され、「札幌市議によるヘイトスピーチ」「ばかもの。議員辞めなさいあんた」「レイシスト(差別主義者)!同じ日本人として恥ずかしい!」など非難のリプライが寄せられる事態に発展。金子市議は8月16日、ブログで真意を説明した。
   金子市議によると、「アイヌを法的に証明する根拠が現行法にない」のだという。一方で北海道では、アイヌの人に低金利の住宅新築資金貸し付けなどの支援を行っている。これが、アイヌを名乗ることで行政からの便宜を獲得する「アイヌを称する利権」だと持論を展開した。過去に議会で指摘し、これからも問題提起を続けていくと強調している。
   しかし、このブログにも「言い訳に終始か」「どこがアイヌがいないという結論になるのか?」「抗議されて当然」など、やはり批判が集中した。
中国国旗掲揚や韓国産食材の使用にも「イチャモン」
   アイヌに関する発言以外にも、物議を醸しそうな内容が散見される。
   14年7月20日、札幌市の陸上自衛隊丘珠駐屯地で米軍の新型輸送機「MV-22オスプレイ」などが展示されるイベントがあった。現地にいた金子市議は「オスプレイ見学客に共産党の活動家が反対ビラを配っている。しかし誰も受け取る人がいない」などと写真付きでツイートした。その後、他のユーザーからのリプライに対し「共産党のチラシなんぞ便所紙にもなりません」とも投稿している。
   7月11日には、「札幌市役所に中国の五星紅旗が掲げられています。『ついに占領されたか?』と思ったら、中国の友好代表団が来られているそうです」。5月14日には「『学校給食で韓国産わかめを使用』と驚愕の記事が札幌市のホームページに」など、中国や韓国に対し悪意のあるようなツイートもあった。
   さらに札幌市の上田文雄市長については8月14日、あるユーザーの「札幌の市長ははっきり言って売国」との発言に返信して、「傍目からどうしようもない売国なのに、本人はそう思っていない」とまで言っている。名指しこそしていないが、文脈から上田市長について言及しているとみられても仕方のない書き方だ。
   こうした過去の発言も拡散され、「なに?このひと。辞職願う」「こりゃ酷い。重症のネトウヨだ」「またまた地方議員から芳ばしい方が出てきてしまい、遺憾だ」といった声が上がり、批判はさらに広がっている。
   「アイヌ発言」が新聞で報道された8月17日、札幌駅前で街頭演説に立ったという金子市議は、ツイッターで「立ち留まって聞いてくれる方も多く、いつもと違う手応えがあります」と報告。非難を浴びても、当人はどこ吹く風といった様子だ。


▲:政治家が政治家を批判して「売国」と言って悪いのだろうか? たとえば、コリアンテロ(北朝鮮による日本人拉致)について呆れた発言を繰り返していた野中広務や辻元清美を「売国」と呼ぶことは、差別発言だとでも? 売国者だと思う人物に対して売国(私の場合は「日本人の敵」という意味合いが強いけれども)と言う権利がないとでも?
 こうした言論狩りは、もちろん、自分たちへの批判を許さないというコリアン勢力が好んでするものだと思う。
 私も札幌の上田文雄市長(何故か夫人の名前は非公表で、夫人の顔を札幌市民は見たことがない)は、おかしな人物だと思っている。