ページ

2014年8月27日水曜日

小麦蕎麦 生協

 札幌で最近社名(店舗の名前)を変えた某そばチェーン店。
 ホームページには、味も社長も理念も変わらない、ただ名前だけを変えただけ、とある。
 しかし、昨日の夜、久しぶりに(1年ぶりくらいか)ここのチェーン店の一つにそばを食べに行って、愕然とした。

 よく、安い蕎麦屋の蕎麦は、「小麦粉の味しかしない」という。
 普通のマトモな蕎麦屋は、2・8蕎麦といって、小麦粉2割、蕎麦粉8割である。自分でも蕎麦打ちに挑戦して作って食べていたことがあり、この割合なら蕎麦として美味しいと思う。そばの香りがいい。
 10割蕎麦というものもあるのだけれども、これは逆に、舌触りも悪く、切れやすく、その道の「頑固な・頑迷な」通(つう)が好むものであり、私も何度か食べたけれども、とても好きにはなれない。
 安い蕎麦屋は、小麦粉を多く使う。だって、安いのだから、それだけ多く利益が出る。
 で、この、最近社名を変えた蕎麦屋、昔はマトモな蕎麦を出していたと思うのだけど、昨日食べた蕎麦は間違いなく、
<小麦粉メインのダメ蕎麦>
 だった。
 昔はマトモな蕎麦を出していたと思うのだが、味も社長も変わらないと宣言しているのだから、昔からダメな蕎麦を出していたということなのだろうか?
 ホームページにはあれこれ蕎麦の薀蓄を記載しているけれども、蕎麦粉の割合についてはヒトコトも書いてはいない。

 ともかく、この蕎麦屋にはもう2度と入らないと決めた。

 サントリーのオールフリーとか、他の発泡酒にco-opという赤いマークが付いているものがある。生協で売っている。
 生協のメーカー共同食品といえば、日清製粉と作ったカップヌードルの低品質を思い出す。
 いまだにあの低品質の(日清のものと比べてみるといい)ヌードルを販売しているけれども、まさか、このオールフリーまでそのようなことは、ない、だろう。

PS 生協の粗悪品といえば、かなり前の話だけれども、「たらこ」を「縦に切って」容器に並べてサランラップを掛けて売っていたことがあった。つまり、1本のたらこが、見た目は2本に見えるのである。ここまで「あこぎ」な商売をやっていたのは生協だけである。このたらこは、どこかの海産物会社のラベルが貼っていたけれども、売っていたのは生協。
 生協といえば、つくだ煮のプラスチック容器の「上げ底」にも笑ってしまった。
 どうしてこうした恥知らずの商売ができるのだろうかと思った。
 生協といえば、ユニセフ。ユニセフといえば毎日新聞。毎日新聞といえば反日コリアン。ということで、みんな仲間なのだろう。
参考
http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/tag/%E7%94%9F%E5%8D%94

反日俳優が多く出演する『闇の子供たち』もユニセフが支援
http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/10013180.html