ページ

2014年8月28日木曜日

朝日新聞と毎日新聞は日本人ヘイトの新聞

週刊文春の広告、朝日新聞社が掲載断る
2014年8月28日05時00分
 朝日新聞社は27日、週刊文春9月4日号の新聞用広告に、慰安婦問題をめぐって朝日新聞社の名誉と信用を著しく傷つける表現があるとして、朝日新聞への掲載を断った。文芸春秋は朝日新聞社に抗議した。
 朝日新聞社広報部は「当該の広告は論評の範囲を著しく逸脱し、本社の社会的評価を低下させるものであり、本社の広告掲載基準に基づいて掲載に応じられないと判断しました」としている。


朝日、慰安婦巡り週刊新潮の広告も掲載拒否

読売新聞 8月28日(木)14時34分配信
 新潮社(東京都新宿区)は28日、同日発売の「週刊新潮」9月4日号について、朝日新聞社に新聞広告の掲載を拒否されたことを明らかにした。
 新潮社によると、9月4日号には、朝日新聞社が一部記事の誤りを認めた従軍慰安婦報道についての記事が掲載され、広告には「1億国民が報道被害者になった『従軍慰安婦』大誤報!」などの見出しがある。朝日新聞社は26日以降、一部見出しの修正を求めてきたが、新潮社が拒否。27日になって、朝日新聞社が広告を掲載しない方針を伝えてきたという。新潮社は「言語道断の行為」としており、今後、今回の件について批判・検証記事を掲載していく構えを示している。
 朝日新聞社の従軍慰安婦報道を巡る週刊誌報道では、文芸春秋(千代田区)も27日、「週刊文春」9月4日号の広告掲載を拒否されたと発表している。


ヘイトスピーチ:9割問題視 規制求める声も 全国アンケ


毎日新聞 2014年08月28日 06時00分(最終更新 08月28日 10時22分)
 在日韓国・朝鮮人など特定の民族や人種の差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)について、毎日新聞が47都道府県と20政令市に対し、規制の必要性などを問うアンケートを実施したところ、約9割がヘイトスピーチを問題視し、そのうち約4割が何らかの規制が必要だと考えていることが分かった。ヘイトスピーチへの対応を巡る自治体の全国調査は初めて。対策を検討中か検討したいとする自治体も約2割あったが、大半は「国レベルの規制が重要」として、自治体独自での対応は想定していない現状も明らかになった。
 アンケートは今月、択一式と自由記述式で実施。政治家や首長からも法規制を求める声などが相次いでいる実情を踏まえ、ヘイトスピーチが広がる現状についての認識▽規制の必要性の有無▽自治体としての特段の対応−−などについて聞いた。
 それによると、現状認識については、全67自治体のうち、59自治体が「問題だ」と回答。「恥ずべき行為」(札幌市)、「人々に不安感や憎悪感を与え、差別意識を助長させ、決して許されることではない」(徳島県)などと断じる声が大半を占めた。
 また、28自治体が「規制が必要」と回答し、「規制は必要ではない」はゼロだった。しかし、「ヘイトスピーチの定義がはっきりしていない」(愛知県)との指摘や、「憲法に保障された表現の自由との関係もある」(栃木県)との懸念も多く、「分からない」などと明言を避ける自治体が39に上った。
 自治体としての独自の対応については、首長が検討を表明している東京都や大阪市だけでなく、「ヘイトスピーチを繰り返す団体に対しては公共施設等の使用禁止も考えられる」と回答したさいたま市など計13自治体が検討中または検討したいとした。ただ、残る約8割は「実際の被害などの発生を把握していない」(名古屋市)「対策を検討する状況にない」(熊本市)などと、消極的な回答にとどまった。

 その上で、本来あるべき法規制の在り方を聞いたところ、「自治体レベルでは困難」(鳥取県)「自治体が個別に判断するものではない」(北九州市)などと政府主導の規制を求める内容が大半を占めた。【斎川瞳】
▲:在日コリアンや日本国籍コリアン系(舛添知事もその一人かもしれない)による、日本民族へのヘイトスピーチやテロ(拉致とか日本人狩りとか)には一切触れず、ひたすらコリアン系のための記事を書いている毎日新聞は、新聞自体が日本人に対する「ヘイトスピーチ新聞」ではないのだろうか?
 他に日本人へのヘイトスピーチを「社是」としているのが、
 岩波書店 と NHK
 である。
 朝日新聞も岩波書店もNHKも、アメリカ(金融資本)の犬ということ。
 中国北朝鮮礼賛も、キッシンジャーの言動を見ていれば理解できる。
 で、そのキッシンジャーを「親分」であるかのように語っていたのが、故・岩見隆夫。
 革マルといい中核といい、あるいは岩波のブントといい、どれも要するにアメリカの犬、ということ。
 カメムシ柄谷、女手配師佐藤優、阿呆の東、といった「御用学者」が、朝日新聞の慰安婦捏造発覚についてヒトコトも喋らないのは、犬が御主人の脚を噛むわけにはいかないから。