ページ

2014年8月18日月曜日

もしコンピューターが起動しなくなったら

http://snn.getnews.jp/archives/386325
MSが復旧方法を公開 8月のWindows Updateで起動不能に陥る不具合
1326
532014.08.17 10:00:28 by ガジェット通信 Tags : Butameron ウェブライター デジタル


15日、マイクロソフトは、8月の月例パッチ(Windows Update)を適用後にWindowsが起動できなくなる場合がある不具合について、復旧方法をサポート技術情報(英語)及び日本のセキュリティチームブログで公開しました。

不具合は、アップデートKB2982791、KB2970228、KB2975719、KB2975331の組み合わせで発生します。当該アップデートは既に公開が中止されています。

この記事によると、まず、正常に起動出来るようにするためには、一度セーフモードで起動してフォントキャッシュ(%windir%\system32\fntcache.dat)を削除する必要があります。また、理由には言及されていませんが、正常なフォントキャッシュを作り直すためには、レジストリの一部を修正した後に、当該アップデートをアンインストールして、レジストリを修正前の状態に戻すという手順を実行する必要があるようです。

WindowsUpdate_02

なお、レジストリの操作はWindowsの環境を壊してしまう恐れのある危険度の高い作業であるため、システムの復元ポイントからWindows Update前の状態に復元できるのであればそのほうが安全かもしれません。

詳細は以下を参照して下さい。

■【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある – 日本のセキュリティチーム – Site Home – TechNet Blogs (2014/08/16 23:00 JST閲覧)
http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2014/08/16/2982791-knownissue3.aspx

■ MS14-045: Description of the security update for kernel-mode drivers: August 12, 2014 (2014/08/16 23:00 JST閲覧)
https://support.microsoft.com/kb/2982791/en-us

なお、サポート技術情報MS14-045(英語)の記事には、Windows 8.1の利用者向けに、Windows 8.1のインストールメディアを持っていない場合に、セーフモードに入る方法も記述されています。参考までに下記に引用します。

If you do not have media, you should use the power button to restart your computer during the startup process three times. This should start the Windows Recovery Environment.

(筆者訳:もしメディアをお持ちでなければ、3回、起動プロセスの最中に電源ボタンを使用してコンピューターを再起動してください。これにより、Windows 回復環境が起動します。)

(筆者注:ここで、以下のような画面となった場合は、「詳細オプション」をクリックして下さい。)

以下略

▲:完全に私の能力を超えている。
 起動できなくなったら、また(泣きながら)ヨドバシカメラの修理デスクに持ってゆくか、それとも近くにできたケーズデンキに依頼するかのどちらかになることだろう。


ウィンドウズ、更新でパソコンに不具合の恐れ
2014年08月18日 21時30分 読売新聞
 米マイクロソフト(MS)の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の更新プログラムをインストールすると、一部のパソコンでウィンドウズが起動しなくなったり、使用中にパソコンが動かなくなったりする不具合が生じる恐れがあることがわかった。
 日本MSは、プログラムを消すように呼びかけている。
 更新プログラムは、ウィンドウズ8や7、ビスタなどを対象に、OSの脆弱ぜいじゃく性を補うために、13日に配布を開始し、15日に取りやめた。この間にインターネットに接続した場合、プログラムが更新された可能性があるが、これまでに目立ったトラブルの報告はないという。

 日本MSは原因を調査している。問い合わせはカスタマーインフォメーションセンター(0120・41・6755)へ。