ページ

2014年7月17日木曜日

資料 岩手医科大学



医学部教授「女性に覚醒剤」報道…大学が調査へ
2014年07月17日 10時07分 読売新聞
 今週発売の週刊誌で、岩手医大医学部の男性教授が、自身や知人女性に「覚醒剤」と称するものを注射していたと報じられたことを受け、岩手医大は16日、事実関係を確認するための調査委員会を設置することを決めた。
 近くメンバーを決め、来週にも第1回委員会を開く。医大によると、調査委は医学部以外の学部長や、弁護士ら5、6人で構成する予定。委員会に強制権限はなく、男性教授から任意で聞き取りなどを行い、結果をまとめて学内の人事委員会に報告する。
 男性教授は肝胆膵すい・移植・内視鏡外科が専門で、日本内視鏡外科学会の会長を務めている。付属病院で外科の外来診察も行っている。岩手医大は「事実関係を確認するまで、大学として公式なコメントは出せない」としている。

http://www.jses.or.jp/member/soukai.html
第27回日本内視鏡外科学会総会
会期 2014年10月2日(木)~4日(土)
会場 マリオス、アイーナ、 ホテルメトロポリタン盛岡、 ホテルメトロポリタン盛岡 NEW WING(岩手)
会長 若林 剛(岩手医科大学外科学講座)