ページ

2014年6月3日火曜日

毎日、日本人のマインドコントロールをする新聞に協力する連中



日本人を洗脳、マインドコントロールしようとする国内コリアンマスコミ。

小熊 英二(おぐま えいじ、1962年9月6日 - )は、日本の社会学者、慶應義塾大学教授。専攻は歴史社会学・相関社会科学。
共編著[編集]
(上野陽子)『<癒し>のナショナリズム――草の根保守運動の実証研究』(慶應義塾大学出版会 2003年)
(鶴見俊輔・上野千鶴子)『戦争が遺したもの』(新曜社 2004年)
(姜尚中)『在日一世の記憶』(集英社新書 2008年)

野間 易通(のま やすみち、1966年 - )は日本のフリー編集者。政治活動家。兵庫県芦屋市生まれ、神戸市育ち。
2013年1月、 「レイシストをしばき隊」を結成、同年9月30日解散。2013年10月、しばき隊の後継団体となる対レイシスト行動集団 C.R.A.C.(Counter-Racist Action Collective)を結成。

北原 みのり(きたはら みのり、1970年(昭和45年)11月24日 - )は、日本の著作家。アダルトグッズショップ『ラブピースクラブ』の運営責任者[1]。
韓流について[編集]
日本の韓流ブームについて、「エロくて性欲が刺激されるため、日本の女の8割の年代が韓国に向いている」「日本のアイドルに惹かれるのは「息子萌え」なのに対し、韓国の男性に惹かれるのは完全に「男」を求めてているからだ」と分析している[5]
フジテレビの韓国報道問題に絡むフジテレビ抗議デモについては、「『日本の女がなんで俺たちより下の韓国人に行くんだ』というやっかみ」が原因であると主張し、「俺はモテない、俺より下の韓国人がなんでもてるんだろう。悔しくてたまらなかったんでしょうね」と感想を述べている[6][7]。
2012年(平成24年)8月に李明博韓国大統領の竹島上陸などから日韓関係が悪化した際には、「男の人は“国”とかいうけど、女の人にはピンとこない。」「今回の騒動は、自分たちより劣っていると思っていた国が、女性たちの心をつかみ、経済的にも同等になっていることへの嫉妬もはいっているのでは?」として、「男同士の争いのために、韓流という女の遊びを奪わないでって思います」と述べた。[8]。


朴順梨(パクスニ)とは日本のノンフィクションライター。早稲田大学卒。在日韓国人三世として生まれたが後に帰化。情報誌などの編集、執筆に携わっている。2010年代より日本国内で起きている嫌韓問題に関する執筆を行っている。例えば在日特権を許さない市民の会などといった団体が主張している在日特権というのはデマであり、生活保護ならば受給者の大半は日本人であるなどといった感じで批判している。他には行動する保守団体が実施しているデモ活動の行い方を批判しており、下品な言葉が使われているシュプレヒコールやプラカードが問題であるとのこと[1]。

小林美希 ウィキにはない

岡田 利規(おかだ としき、1973年7月3日- )は、日本の劇作家、演出家、小説家。チェルフィッチュ主宰。神奈川県横浜市出身。
2007年10月、第56回神奈川文化賞・スポーツ賞で文化賞未来賞を受賞。
2008年4月、『わたしたちに許された特別な時間の終わり』で第2回大江健三郎賞受賞。

白井聡(しらい さとし、1977年-)は、日本の政治学者。文化学園大学助教。専門は、政治思想。
早稲田大学総長を務めた白井克彦の子として東京都に生まれる。2001年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。2003年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。2006年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位修得退学。

想田 和弘(そうだ かずひろ、1970年6月12日 - )は、日本の映画監督・脚本家・演出家・ジャーナリスト。栃木県足利市出身、アメリカ合衆国ニューヨーク在住。
劇作家で演出家の平田オリザと青年団を被写体にした観察映画第3弾『演劇1』(2012年)、同第4弾『演劇2』(2012年)は、2部作合計5時間42分の大作。釜山国際映画祭でワールドプレミアされ、2012年10月20日から日本劇場公開。2012年のナント三大陸映画祭では、「若い審査員」賞を受賞した。


中島 京子(なかじま きょうこ、1964年 - )は、日本の小説家。東京都出身。
父はフランス文学者で中央大学名誉教授の中島昭和。母はフランス文学者で明治大学元教授の中島公子。姉はエッセイストの中島さおり。

星野 智幸(ほしの ともゆき、1965年7月13日 - )は、日本の小説家。

宮沢 章夫(みやざわ あきお、1956年12月9日 - )は、日本の劇作家、演出家、作家。遊園地再生事業団主宰。

安田 浩一(やすだ こういち、1964年9月28日 - )は日本のジャーナリスト。『労働情報』編集委員[1]。静岡県出身。千葉県在住[2]。静岡県立韮山高等学校卒業。慶應義塾大学経済学部卒業。
2008年、女たちの戦争と平和資料館館長の西野瑠美子らが主催する反靖国共同行動[14]に参加。シンポジウムで「靖国の風景を取材してきたが、2002年に北朝鮮が拉致を認めて変わった。以前は軍服姿のコスプレのキャラが目立った神社として報道されていたが、25万人が集まり、あたかも祭りの様相を呈していた。しかし右翼の構成員が増えたわけでなく、ヤスクニブームに過ぎなかった。戦争の道具としてヤスクニが機能していることをどう発信していくかが問われている」[15][16]。「私は『革命は希望だ』と言いたいが右の言論は勢いがある。攻撃対象が中国、韓国、朝日新聞、TBS、女性など具体的だ。これに比べて左は平和・民主主義のように抽象的で保守する言論だ。社会の公共サービスから排除された非正規労働者はやりばのない怒りを持っている。どこに向けていいのか見えない。インターネット掲示板で発散する。自分探しの旅はナショナリズムにしかいかない。外国人労働者は仕事を奪う存在でしかない。追い出したいという考えは説得力、リアリズムを持ち魅力的に思ってしまう。ナショナリズムが近隣の国からどう見られているか考えない。この問題は雇用の問題に行き着く。右と左の取り合いになっている。ファシズムは雇用不安が背景にあった」などの発言を行った[17]。

松本人志 井筒 冷凍鶏肉 清原 目にするだけで見苦しい
倉本 伊集院静 なかにし礼 偉そうに日本人に説教を垂れる