ページ

2014年6月16日月曜日

コリアンを賛美する”コリアン党”の連中が支配する日本のテレビ

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=89700
<ブラジルW杯>韓国サッカーファン、日本の敗戦に「韓国の勝利よりハッピー」―中国メディア
配信日時:2014年6月15日 23時20分
2014年6月15日、網易体育は、サッカーW杯初戦で日本が敗れたことについて、韓国のサッカーファンが「日本の敗戦は韓国チームが勝利するよりハッピー」などとネット上にコメントを書き込んでいると伝えた。 

現地時間14日に行われたサッカーW杯グループリーグ初戦で、日本は1-2でコートジボワールに敗れた。日本は前半16分、MF本田圭佑が鮮やかなゴールを決め先制したが、後半に入ると、わずか2分間で2失点した。 

網易体育によると、韓国のスポーツメディアは、日本代表のグループリーグ突破の可能性について、「スタートダッシュに失敗した日本に赤信号がともった」などと伝えた。 

ネット上では「日本が負けたことは、韓国が勝利するよりハッピーだ」「歴史を認めない国に未来はない。サッカーも同じこと」「日本が敗れたことで、韓国チームはプレッシャーを感じずにプレーできる」などの書き込みがみられた。(翻訳・編集/NY)

▲:ワールドカップの試合の日本の勝敗と、コリアンたちが押し付ける歴史捏造がどう関係するのか、まぁ関係づけたいのだろうけれども。こうしたコリアンたちの異常なメンタルについて、コリアンマンセーの(”コリアン党”の)文化人(テレビ画面に出てくる、例えば松尾貴史とか:本人もコリアン系かもしれないが)は、どういったコメントをするのだろう。というか、もともとこうした話題は取り上げないのだろう。
 コリアンについて、たった一つ尊敬することがある。
 コリアンのこの状況を、日本人も絶対に見習い、コリアンと同じレベルになるように頑張るべきだろう。それは、コリアンは自国(韓国・北朝鮮)のテレビ局を、自分たちコリアンが支配している、ということ。
 日本では、日本人が日本のテレビ局を支配しているのではなく、コリアン(外国人)が支配している。そして、毎日毎日、コリアン党(コリアン賛美)の連中が画面に出てきて(たとえば松尾貴史とか宮根誠司とか)、日本人が普通に抱いている感情、コリアンへの反感を伝えない。
 日本人の当然の感情を、「国家主義」だ、「右傾化」だ、と、日本人に成りすましている「文化人」が、テレビで日本人に向けて説教する。あまりにも情けないコリアン支配のテレビ局、マスコミ。

 話は変わるけれども、先日、衛星放送を見ていたら、作詞家の<なかにし礼>という男が、日本が悪い方向へ突き進んでいると一方的に批判し、日本人に説教を垂れていた。同じように衛星放送で、あのリベンジポルノ関連の作家が日本の現状を憂え、日本人に説教を垂れていた、加藤登紀子9条婆さんと一緒に。
 こういった連中は、日本よりもコリアンの利益のために発言しているのではないかと、いつも疑ってしまう。
 なかにし礼、とか、リベンジポルノ関連作家とか、金平茂紀とか、どうして「話す素振り」が、あれほど尊大なのだろうか。まるで不満そうな顔をしていれば相手が「謝罪してくる」と思っているかのように、尊大傲慢な口調で話をする。あれでは日本人に好かれないと思うのだが、持って生まれたサガなので、きっと変えることができないのだろう。



PS リベンジポルノ関連作家、あるいは、カマキリ山口二郎関連作家、の名前が出て来なかった。齢をとると人の名前が出てこない。倉本聰、だった。コリアン系ではないのだろうけれども、明らかに”コリアン党”の人物である。両親がクリスチャンということで、この男もクリスチャンなのだろう。
 で、日本の暴力団と日本のキリスト教会(新旧含めて)を支配するのは、どういった人達?

 井上陽水の素顔って、下の写真で無罪の紙を振っている「おじさんたちの顔付き」に、とても良く似ていると、個人的に、思う。