ページ

2014年4月11日金曜日

The Schopenhauer cure



(P251~)
This meeting, like the last three or four, had been riveting. His thoughts drifted back to the groups of breast cancer patients he had led so long ago. How often had those members described a golden period once they overcame the panic of realizing that they were truly going to die. Some said living with cancer had made them wiser, more self-realized, while others had reordered their priorities in life, grown stronger, liarned tosay no to activities they no longer valued and yes to things that really mattered-such as loving their family and friends, observing the beauty about them, savoring the changing seasons. But what a pity, so many had lamented, that it was only after their bodies were fiddled with cancer that they had learned how to live.
 These changes were so dramatic-indeed one patient had proclaimed, "Cancer cures psychoneurosis"-that on a couple of occasions Julius impishly described only the psychological changes to a class of students and then asked them to guess what kind of therapy was involved. How shocked students were to learn it was not therapy or medication but a confrontation with death that had made the difference. He owed a lot to those patients. What a model they were for him in his time of need. What a pity he couldn't tell them. Live right, he reminded himself, and have faith that good things will flow from you even if you never learn of them.
 And how are you doing with your cancer? he asked himself. I know a lot about the panic phase which, thank God, I'm now coming out of even though there are still those 3 A.M. times when panic grips with a nameless terror that yields to no reasoning or rhetoric-it yields to nothing except Valium, the light of breaking dawn, or a soothing hot-tub soak.

 長々と引用したのは、一番下の、a soothing hot-tub soak が面白いと思ったから。
 この小説の語り手であるJulius(psychiatrist, psychoanalyst, group therapist)は、悪性黒色腫に罹って余命1年あまりと宣告されている。その主人公は、夜明け前の時間(午前3時頃)に襲い掛かってくる死の恐怖に対して、それを抑える有効なものとして、強力な睡眠薬(鎮静剤、日本ではホリゾンとかセルシン)、あるいは夜明けの光、そして、a soothing hot-tub soak を挙げているのである。
 なぜ、熱い湯に浸かると、死の恐怖から一時的にせよ解放されるのだろう?

 昔、反応性うつ病になったことがある。
 もちろん、自己診断であり精神科医に掛かったわけではないけれども、辛いことのあとでは誰でもある程度の反応性うつ病になるのは自然のことである。それがかなりヒドかった。
 で、その時期、何をしていたかというと、温泉に行っていたのである。
 温泉に入ると、考えることを忘れてしまう・自我が溶けてしまう・白紙の状態になってしまう。あるいは、胎児が羊水の中にプカプカ浮かんで存在しているように、息だけして・心臓だけ動いていて、他には何も活動していない……あるいは、風の中に溶けてしまったような気分になってしまう。
 無我の境地に至れば、我が死ぬ、という怖れも存在しえない。
 だから、hot-tub soakは死の恐怖を忘れさせてしまうのかもしれない。
 ただ、私の場合は、家のバスタブに浸かってうつ病から抜け出すことはできなかった。矢張り、温泉、それも露天風呂、それも林か森の中、しかも他には誰もいないか、いても一人二人といった閑散とした静かな風呂、に長時間浸かっていることが、治療になっていた。
 肉体の・怪我の・後遺症の治療に温泉が効く、ということは昔から明確に理解されていたことだけれども、「心のキズ」にも効くということについても、漠然とした知恵として日本人は昔から心得てきたことなのだと思う。
 心のちょっとしたキズ、どころか、大変な「心の大ケガ」(重い精神病)にも、効くことを知っていた証拠が、東北の定義温泉、ということになる。
<ウィキ 定義温泉>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E7%BE%A9%E6%B8%A9%E6%B3%89


温泉療法

作成途中