ページ

2014年4月19日土曜日

昔、旅行添乗員に聞いたけれど、幽霊の「出る部屋」はチェックしているとのこと

事故物件
http://www.oshimaland.co.jp/

http://mantan-web.jp/2014/04/12/20140412dog00m200018000c.html
BS11 : 不動産事故物件の現実 孤独死、自殺で増加
 BS11の報道番組「ウィークリーニュースONZE」は13日、病死や自殺、殺人などが発生した賃貸住宅の問題を追う特集「増える不動産事故物件の現実」を放送する。
 高齢化が進む中での孤独死や、自殺の増加などの影響もあり、UR都市再生機構が管理している事故物件の件数は、2009年には約600件、2012年には約800件に増えており、全国では少なくとも1万件以上あるという。宅地建物取引業法では、契約前に、自殺や孤独死があったなどの物件に関する情報(重要事項)を、説明することが義務付けられている。借り手にとってはそうした部屋は敬遠しがちで、不動産業者も困っているのが現実という。
 番組では、情報の豊富さと正確さで注目を集めている事故物件情報の検索サイト「大島てる」を開設した大島学さんをゲストに、事故物件をめぐる現実と、課題を考える。
 放送は13日午後6時から、キャスターは元村有希子・毎日新聞編集委員と徳光美鈴さん、コメンテーターは、二木啓孝・BS11解説委員。



焼死の会社社長とその両親、殺害の疑い
2014年04月14日 00時50分 読売新聞
 愛知県岡崎市のアパートで遺体で見つかった男性と、名古屋市南区に住む両親が殺された疑いが強まったとして、愛知県警は13日、殺人容疑などで捜査本部を設置した。
 発表によると、12日午前11時5分頃、岡崎市中島町のアパートの一室で火事があり、焼け跡から人材派遣会社社長坂野充徳さん(47)の遺体が見つかった。死因は焼死とみられるが、首には圧迫された痕があったという。
 県警の調べで、坂野さんは同日未明に親族の男性と一緒にいたことが判明。男性を探したところ、13日午前、名古屋市中村区のホテルの一室で首をつって死亡しているのが見つかった。室内には男性が書いたとみられるメモがあり、坂野さんと両親の死亡に関与した者、経緯などが書かれていたという。
 県警が両親の所在を調べると、同市中区の駐車場に止められた乗用車から、坂野さんの父で名古屋市南区、無職広則さん(78)と母直子さん(75)の遺体が見つかった。死因は窒息死とみられ、県警は司法解剖して詳しく調べる。県警は、男性が3人の死亡について事情を知った上で自殺した可能性が高いとみている。
 県警によると、2人の自宅では、今月9日から新聞が取り込まれておらず、11日に訪れた長女が警察に行方不明届を出していた。

▲:名古屋市中村区のホテルの一室で首をつったというけれども、そのホテル名は決して報道されない。