ページ

2014年4月27日日曜日

資料 五百旗頭薫 親子揃って権力者の犬となって活躍する「学者」になるのだろう



 小泉純一郎が首相のときに、防衛大学校長をしていたのが、五百旗頭真だった。
 その小泉純一郎を、口汚く罵っていたのが五百旗頭真。
 同じように、テレビに登場して口汚く小泉首相を罵っていたのが、三井の寺島実郎。
 つまり、学者(五百旗頭)は、三井(とその背後の財界、そしてアメリカ財界)のために働いているのである。どこの民主国家の防衛学校の校長が、その国の国民から選挙で選ばれた国会議員、が更に選んだ首相を罵倒するというのだろうか? ということで、五百旗頭真は、この国の支配構造を教えてくれた貴重なクズであり、その息子の五百旗頭薫も、おやじの後を見習って、支配権力のために学者ぶるクズに、きっとなることだろう。