ページ

2014年4月26日土曜日

楽天という名の粗悪組織




楽天社員18人、28店舗に元値つり上げを指示
2014年04月25日 21時18分 読売新聞
 楽天は25日、営業担当社員18人が、インターネット通販サイト「楽天市場」に出店する28店舗に対し、値引き額を大きく見せるために元値をつり上げる不当な価格表示を指示していたと発表した。 
 18人は2013年までの8年間に、担当する店の売り上げを増やそうと、店舗に対して元値表示のつり上げを電話などで指示したという。指示をした時期にばらつきがあることなどを理由に、楽天は組織的な行為ではなかったとしている。
 楽天は、担当の常務執行役員ら4人を6か月間の減俸10%処分とした。指示をした社員18人は処分せず、監視体制を強化するなどして法令順守の徹底を図っていくという。
 楽天市場では昨年11月、プロ野球・楽天の日本一記念セールで、17店舗が不当な価格表示をしていたことが発覚した。社員の関与は明らかにならなかったが、これをきっかけに、楽天は、営業担当経験のある社員661人と、楽天市場に出店する全店舗4万1993店に対し社内調査を行っていた。


http://biz-journal.jp/2014/04/post_4699.html

2014.04.24
企業・業界 企業・業界
楽天副会長、突然の辞任 同時に不倫&女性暴行報道、本人は猥褻写真の存在を認める
 楽天は、4月22日付けで國重惇史副会長が「一身上の都合により」辞任したと発表した。同時に國重氏は、子会社である楽天証券や楽天カード、楽天インシュアランスプランニング、楽天生命の取締役、楽天銀行の会長も辞任した。
 國重氏は住友銀行(当時)出身で、楽天の金融事業や企業買収などで貢献してきたとされる、まさに楽天グループの「ナンバー2」「三木谷浩史会長の右腕」だったが、その辞任の理由である「一身上の都合」とはなんなのか? 
 その理由とおぼしきスキャンダルを、4月24日発売の「週刊新潮」(5月1日号/新潮社)が報じている。
 そのスキャンダルとは、都内在住の専業主婦と國重氏がダブル不倫をしていたというもの。記事によれば、昨年4月、お互い仮面夫婦状態であった2人は、東京・赤坂の國重氏の自宅マンションで関係を持ったという。その後、国重氏がこの女性に送ったとされる「今夜、3階(國重氏のマンションにある別宅)でHして明日の朝もHして、(中略)、京王プラザかどこかでHするのもいいね」とのメールまでもが誌面に掲載されている。
 また、昨年11月には、國重氏はこの女性に対して暴力沙汰を起こしたため女性は連絡を絶つも、頭を丸めた國重氏の謝罪により2人は復縁。その後、女性は妊娠するが、國重氏が別の女性と浮気していたことが発覚。結果、流産してしまったという。
 新潮の取材に対し、國重氏は「挿入しなければ不倫ではない」と返答し、女性との関係はすべて「ごっこ」であったと否定している。しかし、女性と裸で抱き合っている写真が存在することについては「事実」と認めている。
 
 また、記事には、國重氏が女性に肉体関係を求め拒否されると、頭部へ暴行を加えたという記述もあり、被害を受けた女性は警察に告訴の相談をしたという。
●「デートレイプ」にあたる可能性も
 たとえ、恋人であろうと拒否している女性と無理やり肉体関係を結ぶような行為は、昨今問題になっている「デートレイプ」にあたる可能性が高い。公益財団法人「日本女性学習財団」のホームページによれば、デートレイプとは、恋人や顔見知りなどの関係にある相手から、肉体的暴力や言葉による脅し、アルコール摂取などで抵抗力を奪った上で、性行為を無理強いする行為だという。ここでは、合意の有無が重要になるが、日本では合意の有無の立証が難しいため刑事事件にはなりにくいともいう。
 不倫や暴力沙汰が事実だとすれば、國重氏が楽天グループ内の要職を辞任するのは当然の判断といえよう。
 楽天といえば昨年12月3日、東京証券取引所第1部に上場し、会長の三木谷氏は、「新経済連盟」の代表理事や安倍政権の産業競争力会議メンバーとしての公的な活動も目立つ。また、10年7月より「社内完全英語公用語」を実施し、社内全員にニックネームを付けていることも話題に。ただし、かつて当サイトの取材に対し楽天社員が語ったところによると、「会議中に重要な話が出たときは、1回英語で言った後に、『ここは大事な点なので、日本語で言います』」という。
 地位や名誉、お金を手にすれば異性にモテるのは想像に難くないが、女性問題をこじらせれば、それまで築きあげてきたキャリアを一瞬で失ってしまうのも事実。國重氏と関係を持っていた女性は、暴行を受けたことに関して告訴の準備をしているとのことだが、國重氏が楽天の副会長を辞任したことで問題が収束するのかは不透明だ。
(文=本多カツヒロ)


 火病発作のような怒りを時々簡単に爆発させる星野といい、このゲス野郎の大久保博元といい、東北楽天球団の腐れっぷりは半端ではない。


以下は大久保のウィキより

コーチ時代の不祥事[編集]
2008年[編集]
2009年度も引き続き打撃コーチを務める予定であったが、11月12日、知人女性が大久保から暴行を受けたとして警視庁品川署に被害届を提出していることが発覚(中日スポーツが「独占スクープ」と題して最初に報道しているが、日本シリーズ終了を待っての報道だった可能性が高い)。大久保本人は「刑事罰を受けるようなことは、自分の中ではしていない。殴ってはいない」と否定したが、11月14日に傷害の疑いで書類送検されるに至った。この件について球団から厳重注意処分を受け、優勝パレードなどの球団行事への参加を自粛している。
しかしその後も週刊誌などで隠し子騒動[9]や登板日漏洩疑惑といったプライベートな問題を相次いで報じられ、12月9日、コーチを解かれ編成部プロ担当となることが決定。知人女性への暴行事件は、会見では暴行を否定していたが、検察側の調べでは容疑を認めたため、東京区検が2009年3月13日までに傷害罪で略式起訴、東京簡裁は同27日検察側の請求通り罰金20万円の有罪判決を出した。結局2009年はフロントで編成部プロ担当に配置転換された。
2010年[編集]
2010年度に二軍打撃コーチとして復帰するも暴力問題で解任。解任後、西武球団を相手に地位保全と報酬の仮払いを求めた仮処分申請を東京地裁に行ったが、東京地裁は2010年11月19日、申請を却下した。これに対して、東京高裁に即時抗告を行ったが、2010年12月28日、東京高裁は即時抗告を却下した。年明けの2011年1月27日、西武球団を相手に契約解除の無効、未払い報酬の支払い、名誉毀損に対する損害賠償2000万円を求め、東京地裁に提訴した[10]。
西武は当初、どの選手に暴力行為を行っていたかなどを明らかにしなかったが、大久保が菊池雄星を名指しして出廷を求めるなどしたため、2011年2月16日に暴行を受けたのが菊池雄星だったことを球団として公表した。自主練習であった「アーリー・ワーク」を遅刻したら罰金という制度を強制的に行い、それに反発した菊池雄星が告げ口したと見なして同選手に暴力を働いたことを問題視されたことが明らかになった[11]。 後に『週刊ポスト』の取材で、この謹慎期間中に自殺未遂を図ったことを告白している。
2012年から楽天のコーチに就任することが決定。これにより訴訟を放棄することとなった[12]。
2014年[編集]

2014年には、2月16日のキャンプ全体練習後に、柿澤貴裕外野手に対しての守備練習の一環で個別にノックをしていたところ、柿澤が突然意識を失って昏倒した。柿澤本人は、トレーナーから心肺蘇生術として胸骨圧迫マッサージを3度受けた末に意識を回復。その直後に病院で「脱水症状による意識喪失発作」と診断されたため、入院と再検査を経て、18日からキャンプに復帰した。しかし球団は、水分を取れる練習環境にありながら、脱水症状で意識を失ったという事実を重視。柿澤、大久保および二軍のコーチ陣・トレーナー陣を厳重注意に処した[13]。




楽天・松井裕、2軍落ち決定 “デーブ鬼軍曹”荒療治
2014.04.25 zakzak
 試練到来だ。楽天のドラフト1位・松井裕樹投手(18)=桐光学園高=が、“デーブ流かわいがり”で再起を目指すことになった。期待のルーキーは23日の西武戦(コボスタ宮城)にプロ入り初勝利を懸けて先発したが、5回5安打5失点&8四球で降板。試合後、星野仙一監督(67)が「心の問題もある」とメンタル面での未熟さを指摘。2軍で鍛え直すことを明言したが、みちのくの2軍には球界屈指の厳しい指導で有名な“デーブ”大久保博元監督(47)が待ち構えているから、大変だ。 (片岡将)
 「四球は覚悟していたが、あそこまでとは計算してなかった。5回までは投げさせて勝利投手の権利を、という親心だったんだけどね。もう1回? もうないよ。もう一度、ピッチングのABCから勉強してもらう。みんながここまで我慢したんだから」
 試合後のテレビインタビュー。闘将は怒りを通り越し、怖いほど穏やかな表情で松井裕の2軍行きを明言した。
 1回先頭から連続四球。盗塁失敗と栗山を左飛に打ち取り2死にこぎ着けたが、その後も3連続四球。この回だけで41球を要した。押し出しの1点で済んだのが不思議なほどの大荒れだ。
 それでも2、3回と連続で3者凡退に打ち取ったが4回に連打で1失点。味方打線が4-2と勝ち越してくれた直後の5回には2四球と3安打で3失点。この回こそ投げきったが、球数は127球。初白星を目指した4度目のマウンドは5失点降板に終わった。
 「立ち上がりは四球を出してしまい、リズムに乗れませんでした。2、3回はボールをコントロールできて良かったと思います。ただ、それ以降は粘ることができませんでした。野手の方々が点を取って助けてくれたのですが、悔しいです」
 ガックリうなだれた新人左腕に、星野監督は「気持ちの問題を乗り越えられていない」とバッサリ切って落とした。
 相手は最下位にあえぐ西武。そして本拠地のマウンド。周囲ができるおぜん立ては全て整えられていた。慣例となっている登板前日の囲み取材も見送られ、特別と言っていい待遇で迎えたこの日のマウンドだったが、2軍降格という苦い現実が待っていた。
 それだけに、報道陣から何を聞かれても「2回と3回のピッチングができればいいと思います」と応えるだけ。質問を半ば拒否したままクラブハウスへと駆け込んだ。
 あえなく2軍行きが決まったゴールデンルーキーだが、球団関係者は「これはむしろ彼のためにいいこと」と期待を寄せる。その理由は“デーブ”こと大久保2軍監督の存在だ。

 松井裕が3年間、汗を流してきた桐光学園高野球部は、汗と涙の高校野球といったテイストとは違う、伸び伸び指導を主体としたリベラルな空気がある。それだけに「本格的な体育会系の怖さを知らない。メディアへの対応を見ても、ある意味では甘さが残っている。その点、大久保さんならそういった甘さは許してくれない。楽しみ半分、怖さ半分でどうなるか…」。
 大久保監督といえば、球界屈指の“体育会系”指導で名をはせた人。西武2軍打撃コーチ時代には、厳しい罰則を設定。これに反発した若手への暴力沙汰で訴訟問題にも発展したことがある。楽天でもその“路線”は継続。今春の久米島キャンプでは、外野守備練習の際に選手が脱水症状から意識を失い昏倒した騒ぎもあった。
 水分を取れる環境にありながら脱水症状を起こしたことで、球団からは厳重注意処分を受けたが、スパルタでの選手育成への熱意は失っていない。ある若手野手は“鬼軍曹”と過ごした2軍時代の生活を「罰金制は厳しいし、本当にきつかった。できることならもう下には行きたくないですね」と震え上がりながら振り返るほどだ。

 星野監督は左腕の2軍降格の期間を「そんなもん、ストライクが入るようになるまでや」と無期限のデーブ流“かわいがり”で鍛え直すことを宣言。プロ入り後、最大の試練といっていい状況に陥ったルーキー左腕には、この逆境をはねのけてほしいものだ。