ページ

2013年9月1日日曜日

福島は危機的というよりも絶望的状況

汚染水 別タンクで新たな漏えいか
9月1日 5時52分 NHK

福島第一原子力発電所でタンクから汚染水が漏れ海に流れ出たおそれがある問題で、31日、別のタンクで1時間当たり1800ミリシーベルトという極めて高い放射線量が確認され、東京電力は、タンクからの新たな漏えいの可能性があるとみて、海への流出が起きていないか調べています。

福島第一原発では先月20日、4号機の山側にあるタンクから汚染水300トン余りが漏れたことが分かり、一部が海に流れ出たおそれがあることから、東京電力は、タンク900基余りについて監視しています。
その結果、先月22日に、高い放射線量が観測された3号機の山側にある別のタンクで1日、1時間当たり最大1800ミリシーベルトと極めて高い値が確認され、前回に比べ18倍に上昇しました。
1800ミリシーベルトは、タンク周辺で観測された中で最も高い値で、浴びるとすべての人が死亡するとされる被ばく量におよそ4時間で達します。
また別のエリアでは、2つのタンクをつないでいる配管の下で、20センチ四方の水たまりの跡が発見され、1時間当たり230ミリシーベルトが観測されました。
さらに汚染水が漏れたタンクと同じエリアにある別のタンクの近くの地表から、1時間当たり70ミリシーベルトが観測されました。
これらのタンクでは水位に変化はないということですが、東京電力は新たな漏えいの可能性があるとみて、海への流出が起きていないか調べています。
今回、高い放射線量が相次いで確認されたことについて、東京電力は、「タンクの監視は目視で行っていたが、先月末から放射線の測定器を携帯した結果、高い放射線量が観測された」と説明していて、監視のずさんさが改めて明らかになりました。
一方、東京電力が、これらのタンクがあるエリアの海側に掘られた、地下水をくみ上げる井戸で放射性物質の濃度を調べた結果、1リットル当たり最大で900ベクレルのトリチウムを検出しました。
トリチウムの濃度は、12本ある井戸のうち半数の6本でいずれも、前回調査したことし2月から3月に比べて上昇し、最大で15倍余りになっています。
東京電力は、汚染水を減らすためにこれらの井戸で水をくみ上げ海に放出する対策を検討していて、タンクからの汚染水漏れによるものか調べています。


タンク周辺 最大1800ミリシーベルト 配管からも漏洩か
2013.9.1 01:54 産経新聞
 福島第1原発の地上タンクから汚染水が漏洩(ろうえい)した問題で、東京電力は31日、約300トンが漏洩したタンクとは別に、8月22日に高線量を確認した2カ所を含む4カ所で、最大毎時約1800ミリシーベルトの高線量を計測したと発表した。1カ所はタンクをつなぐ配管部分で、これまで問題視されていたタンク本体からの漏洩に加え、新たに配管からも漏洩した疑いが浮上した。
 今回、新たに高線量を計測した2カ所のうち1カ所では、タンク2基をつなぐ配管から90秒に1滴の間隔で、水が漏れるのを確認、毎時約230ミリシーベルトが検出された。配管下の地面には約20センチ四方の変色した痕跡があった。このほか、別のタンクからも毎時約70ミリシーベルトを新たに計測した。
 残りの2カ所は、8月22日に毎時約100ミリシーベルトと毎時約70ミリシーベルトを確認したタンク2基の周辺。それぞれ、毎時約1800ミリシーベルト、毎時約220ミリシーベルトとさらに高線量が確認された。
 東電によると、高線量が計測されたのは、鋼板をボルトでつなぎ合わせた「フランジ式」と呼ばれる簡易製タンク周辺。周辺に水たまりはなく、タンクの水位に目立った変化はない。



福島汚染水漏れ:高放射線量を検出 敷地内の同型2基から
毎日新聞 2013年09月01日 00時03分(最終更新 09月01日 06時28分)
 東京電力福島第1原発でタンクから高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は31日、敷地内にある同じ型のタンク2基の底部の外側から最大で毎時1800ミリシーベルトの高い放射線量を検出したと発表した。22日の測定時は最大毎時100ミリシーベルトだった。周辺に水たまりは確認できず、タンク内の水位低下もみられないが、タンクを構成する鋼板の接合部からしみ出ている可能性がある。
 2基は約300トンの汚染水が漏れたタンクから約100メートル離れた「H3」区画にある。測定は、タンクから1メートル離れた地面から高さ50センチの場所で実施。前回に比べ線量が高くなった理由について、東電は「原因を調べている」と説明。その上で、「放射線は比較的遮蔽(しゃへい)が容易なベータ線が中心だ。作業員は防護服を着用しており、健康影響は考えにくい。周辺環境への影響も今のところ、みられない」としている。1800ミリシーベルトは、原発作業員の年間被ばく上限に1分あまりで達する線量。
 2基とは別に「H4」エリアにあるタンクの底部と、「H5」エリアのタンク同士をつなぐ配管下部で、最大で毎時230ミリシーベルトを検出した。この2基でも水位の変化は見られないが、「配管部に少量の水滴があり、地面に変色が見られる」という。【渡辺諒】

▲:愚かな読売新聞は、今現在(6時半)になっても、ネットサイトでは、この状況をアップしていない。恐らく紙面でも取り上げていないのだろう。