ページ

2013年8月5日月曜日

コリアン花王カネボウ問題

 昨日、書店に寄って雑誌をみたら、アエラにカネボウの記事があった。
 皮膚の白斑現象についても書いてあるのだけれども、写真が、白黒(モノトーン)の、さんざんテレビで使われた、しかも小さいものだけ。
 どれほどヒドイ皮膚病変が起きているか、消費者に知らそうとしないマスコミ(花王からたっぷり宣伝費を貰っている連中)の愚劣さには呆れた。
 ハム速から、写真を以下に引用。
 数千人の被害者が出ているというのに、殆ど無視しているといっていいような御粗末な報道でお茶を濁している「マスコミ」とか「ジャーナリスト」には、何も期待できないということ。