ページ

2013年8月14日水曜日

北海道の温泉旅館は推薦しません

 先日、函館に行った帰りに、森町に寄り、JR駅前にある「イカ飯」屋で御土産を買う。ここのイカ飯は、駅弁大会で何度も全国優勝(?)している有名なもの。
 隣近所の知り合いに御土産として渡す。といっても、小さなものであり、一箱500円。

 すると、今日、隣のおばさんが御土産を持ってきた。昨日、登別の温泉に泊まったという。温泉饅頭の類の御土産。

 泊まったという登別の温泉「D」について、長時間(といっても5分くらい)、悪口雑言を喋ってゆく。料理の信じられない不味さ、フロントその他の従業員の態度の悪さ、サービス精神の欠如、それと中国人団体客のうるさいこと、などなど。
 私もこのブログで何年か前に、同じこの旅館について、同じことを感じたと書いた。
 この登別の温泉は、新聞雑誌テレビで宣伝をしている有名なところである。
 しかし、泊まってみれば理解できるのだが、料理は最低、従業員は最悪、中国人団体客は傍若無人、で、二度と行ってはいけない場所である。
 おばさんは、高い金を払ってとても不愉快な思いをしてきた、けれども、先日のイカ飯のお返しにこれを買ってきたのよ、とのこと。

 北海道の温泉旅館・ホテルに泊まるのは、えてして、このように金をドブに捨てるようなことになることが多いので、事前に十分なチェックが必要である。



PS 北海道の温泉旅館よりも更に推薦できないのが、大分県別府市の温泉旅館。
http://overdope.tumblr.com/
ちなみに、韓国人観光客を誘致して増やしまくった
大分県の別府は街の中がハングル文字案内板だらけになり
温泉の中でウンコされたり客の財布が盗まれたり
宴会場の畳に食べ残しを撒かれたりで
日本人観光客が激減しました
【日韓関係】「オノミチ」を韓国に発信…尾道市、釜山国際観光展に初参加。尾道市の古寺などの歴史や文化、街並みなどもPR (via chikuri)