ページ

2013年7月5日金曜日

TBS報道局長・金平茂紀の陰湿偏向報道を安倍首相が拒否

自民党:TBSの取材拒否 報道内容に抗議
毎日新聞 2013年07月04日 22時53分(最終更新 07月04日 23時34分)
 自民党は4日夜、TBSの報道内容が公平さを欠いているとして、党幹部に対する取材や幹部の番組出演を当面、拒否すると発表した。6月の通常国会閉会に関する報道内容に問題があったとしている。参院選の選挙期間中に報道機関の取材を拒否するのは異例だ。
 党総裁・幹事長室名の発表文によると、TBSの報道番組「NEWS23」は6月26日の放送で、国会会期末の与野党攻防の末に電気事業法改正案などが廃案となった経緯を報道した。番組には「廃案の責任が全て与党側にあると視聴者に誤解させるような内容があった」と主張している。(共同)

▲:TBSの報道局長・金平のコリアンマンセー報道偏向によって、安倍首相が陰湿に攻撃されているのはいつものこと。





自民党の取材拒否で与野党“場外乱闘”

2013.7.5 19:39 [自民党]産経新聞
 自民党のTBSに対する取材・出演拒否問題が波紋を広げている。菅義偉官房長官は5日の記者会見で自民党の対応に理解を示したが、野党側は一斉に批判の声を上げ、参院選そっちのけの“場外乱闘”になりつつある。
 菅氏は会見で「選挙という極めて大事な時期に客観的事実と違った報道をされた」と述べ、取材拒否は妥当だとの認識を示した。
 自民党が問題視しているのは、6月26日放送のTBS報道番組「NEWS23」。「電気事業法改正案など重要法案の廃案の責任が全て与党側にあると視聴者が誤解する内容があった」として、抗議したという。
 これに対し、民主党の細野豪志幹事長は5日、東京・新宿の街頭演説で「報道の自由、表現の自由はナイーブだ。参院で自民党が多数になったとき人権は守られるのか」と訴えた。その後、記者団に対し「権力の乱用、権力の横暴そのものだ」と批判。共産党の志位和夫委員長もツイッターで「言論での批判にたいしては言論で反論すべきだ。取材拒否は、まともな政党のとるべき態度ではない」との姿勢を示している。
 ただ、民主党も政権時代の昨年2月、前原誠司前国家戦略担当相が産経新聞記者を記者会見から排除している。それだけに「自民党批判は説得力がない」との声も聞こえてきそうだ。

▲:山口組系暴力団との密接交際者で、愛人との別れ話のもつれで愛人のマンションのカギを交換し・愛人の勤務先に電話して「あの女は暴力団と付き合っている・ヤクをやっている」などなどと誹謗して警察に逮捕され、それでも刑務所送りにもならず「芸能界にのさばっている内田裕也」(本木雅弘の義理の父で、トヨタのトヨタウンの樹木希林の夫)を使って、ニュース番組(Nスタ)で安倍首相を批判しているような、「いかれたTBS」を排除するのは、一つの良識である。

 細野豪志の民主党には、こんな男がいたけれど、今はどうなっているのだろう?





TBSの謝罪と受け止め、安倍首相も番組出演へ
 自民党が、TBSの報道内容について「公平公正を欠く」と批判し、安倍総裁(首相)ら党役員会メンバーへの取材や出演要請を一時、拒否する事態となった。
 TBSは5日、西野智彦報道局長名で「事実に即して、公平公正な報道をしていく」とする文書を同党の石破幹事長あてに提出。自民党は同日、報道各社に対し文書で「謝罪と受け止める。TBSに対する取材および出演の一時停止措置を解除した」と発表した。
 これに関連し、安倍首相は5日夜のBSフジの番組で、「事実上の謝罪をしてもらったので、この問題は決着した」と述べた。首相は週明けのTBS番組に出演することも明らかにした。
 問題の発端となったのは、6月26日放送のTBSのニュース番組「NEWS23」。自民党は、通常国会会期末に重要法案が廃案になった経緯の放送について、「責任がすべて与党側にあると視聴者が誤解するような内容があった。看過できない」とし、TBSに文書で訂正と謝罪を求めた。TBS側が応じなかったため、同党は7月4日、党幹部がTBSの取材・番組出演を受けないと文書で発表した。
          ◇
 TBSは5日夜、「放送内容について訂正・謝罪はしていない」とする龍崎孝政治部長名のコメントを発表した。
(2013年7月5日22時08分  読売新聞)

▲:TBSの報道局長、金平茂紀から代わったんだ。今は「もっと上」の地位になって、TBSのコリアンマンセー主義を指揮しているのかもしれない。