ページ

2013年7月20日土曜日

気になったニュース ロリータ共産党宮崎駿のコリアンマンセー

ソウルからヨボセヨ 子供が反日むき出し 
 韓国社会の反日感情は日常的にはほとんど後退し日本人が感情を直接 
ぶつけられることはまずない。そんな中で意外に子供たちが反日をむき出しにする。 

 小学生の子供が日本人を見てママに「ナップンサラム(悪い人)!」と言っている 

場面に出くわしたことが何回かある。日本人居住者が多いマンション街の公園で 
遊んでいた日本人の子供が、韓国人の子供に石を投げられるということもある。 

 マスコミが毎日、日本批判をやっているのでさもありなんだが、大人との違いを 

考えるとやはり学校教育に問題があるようだ。その意味でソウル日本人学校の 
経験は興味深い。 

 課外学習で近所の韓国の学校と交流行事をやっているのだが、その際、韓国の 

生徒が「独島(日本の竹島)はわれわれのもの」とプリントされたシャツをこれ見よがしに 
着てきたり、日本の生徒の前で「独島はわれわれのもの」という歌を歌ったりすることが 
あるという。先ごろ修学旅行で古都・慶州に出かけた時も、小学生とおぼしき子供が 
日本人学校の一行に日本語で「竹島は私たちのものです!」と呼びかけたという。 

 日本人学校では「だからこそ交流が必要」と言っているが、大丈夫かな。こちらも 

国際化教育とともに歴史教育をしっかりやってほしいものだ。(黒田勝弘) 
msn産経ニュース: 2013.7.20 03:23 
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130720/kor13072003230000-n1.htm



米ゴールドマン、英金融大手など欧米金融大手が韓国から一斉撤退 韓国は”借金漬け”で機能不全 


韓国の金融市場に異変が起きている。海外の投資家が株式や債券に投資した資金引き揚げを加速させると、カネの切れ目は縁の切れ目とばかりに、外資系の大手金融機関が相次いで韓国からの事業撤退や縮小を決めている。 

一方で家計の債務は“借金漬け”の状態で、金融機関の経営や消費への打撃が懸念される。 

今月5日、英金融大手のHSBCホールディングスは韓国での個人取引と資産運用部門を閉鎖し、11カ所の支店中10カ所を閉鎖することを明らかにした。米金融大手のゴールドマン・サックスグループも昨年11月、2007年に開始した韓国での資産運用事業から撤退を発表、オランダ保険大手のINGや英保険大手アビバも韓国事業の売却や撤退を進めているという。 

 グローバル展開する金融機関では、拠点の縮小や撤退はよくあることだが、 
韓国から急いで脱出しているようにも見える。 

朝鮮日報の報道によると、外資系金融機関を招致するためにソウルの金融街に国際金融センタービル3棟が建設されたが、「3号棟は入居希望企業がまったくなく、2号棟の入居率は38%とガラガラ、1号棟も外資系大手金融機関は入居していない」という。 


株式市場の時価総額も6月末には1200兆ウォン(約106兆円)まで減少、約6兆円が失われた。 

日本からの投資が半分以下に減ったことが響いている。 

詳細 ZAKZAK 2013/7/19 

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130719/frn1307191810004-n1.htm



(前略) 

憲法を変えることについては、反対に決まっています。 
選挙をやれば得票率も投票率も低い、そういう政府がどさくさに紛れて、 
思いつきのような方法で憲法を変えようなんて、もってのほかです。本当にそう思います。 
(中略) 
政府のトップや政党のトップたちの歴史感覚のなさや定見のなさには、呆れるばかりです。 
本当に勉強しないで、ちょこちょこっと考えて思いついたことや、 
耳に心地よいことしか言わない奴の話だけを聞いて方針を決めているんですから。 

それで国際的な舞台に出してみたら、総スカンを食って慌てて「村山談話を基本的には尊重する」 

みたいなことを言う、まったく。「基本的に」って何でしょうか。 
「おまえはそれを全否定してたんじゃないのか?」と思います。きっとアベノミクスも早晩ダメになりますから。 

もちろん、憲法9条と照らし合わせると、自衛隊はいかにもおかしい。おかしいけれど、そのほうがいい。 

国防軍にしないほうがいい。職業軍人なんて役人の大軍で本当にくだらなくなるんだから。今、自衛隊があちこちの災害に 
(中略) 
もし本当に戦火が起こるようなことがあったら、ちゃんとその時に考えて、 
憲法条項を変えるか変えないかはわからないけれど、とにかく自衛のために活動しようということにすればいいんです。 

立ち上がりは絶対遅れるけれど、自分からは手を出さない、過剰に守らない。 

そうしないと、本当にこの国の人たちは国際政治に慣れてないからすぐ手玉に取られてしまいます。 
もし戦争になるとしても、そのほうがまだましだと考えます。 

とにかく、今までこれだけ嘘ついてきたんだから、つき続けたほうがいいと思ってます。 

整合性を求める人たちはそうすることで「戦前の日本は悪くなかった」 
と言いたいのかもしれないけれど、悪かったんですよ。それは認めなきゃダメです。 
慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです。 
領土問題は、半分に分けるか、あるいは「両方で管理しましょう」という提案をする。 
この問題はどんなに揉めても、国際司法裁判所に提訴しても収まるはずがありません。 
http://www.ghibli.jp/10info/009354.html
▲:ロリータ(志向)共産党の宮崎駿らしい言葉である。この「ビジネススタンス」であるほうが、日本のエンタメ業界で生き延びる力を得るのだろう、コリアンマンセーと言っているなら、新聞雑誌テレビマスコミで可愛がられるのだから。

参考:http://matome.naver.jp/odai/2127907003039673401


PS 今日の朝日新聞のロングインタビュー。後で読むつもりだけれども、慰安婦問題を捏造した朝日新聞と「コラボ」して、宮崎駿も何かを得るものがあるのだろう。