ページ

2013年7月17日水曜日

自分たちの利益のためにはどんな汚い手段にでも訴えるコリアンの姿

朝鮮日報: NTSBの "パイロット過失の主張対応5命令 (韓国語) 
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/07/15/2013071501692.html 

■1. 最初から積極的な‘メディア対応プレー’を広げろ 
アシアナと韓国政府は、ボーイングとNSTBの世論作りが実効をあげることができないように、
即座に積極的な反論事実と論理をメディアに活発に掲載しなければならず、 
我が国の報道機関はこれを積極支援しなければならない。 

■2. 米国国民もボーイングの欠陥航空機の犠牲者になりえることを浮上させろ 
実際にボーイング機に最も多く乗る米国国民こそ、次のボーイング機事故の
犠牲者になりえる確率が他のどの国よりも高いためだ。 
 最終調査結果発表まで相当な時間が必要とされる今回の事件の場合、 
NTSBの結果が出ても我が国が認めることはできない結論、
すなわち‘操縦士過失’の結論に至ることがありえるという側面から、
必ず施行しなければならない戦略だ。 

■3. 友好的な機関および団体と‘連合戦線’を形成しなさい 
 韓国と同じ被害者の立場にある機関や団体との連携対応同盟連合(Alliance)戦略が必須だ。 

■4. 韓国政府は外交チャネルを通じて抗議レベルを高めろ 
各種外交チャネルを通じて韓国政府と国民の不満を伝えて抗議水準を高めて、
この意志を多角的に伝達しなければならない。 

■5. FX事業参加業者であるボーイングに、大韓民国国民感情を悪化させないのが
良いことだと警告圧迫しなさい 
 飛行機もボーイングが製造し、操縦訓練もボーイング社が行い、
資格証を受け取った操縦士が操縦していた。 
しかし事故原因を操縦士過失だとするならば、
大韓民国国民はボーイング社を疑いの目で見るだろう。 
反米世論拡大の兆しまで見せている。もし‘操縦士過失’で押し続けるのならば、
数兆ウォンのFX事業でボーイングを選択する政府を、大韓民国国民は容赦しないだろう。 


【アシアナ機事故】NTSBの'操縦士過失'主張に対抗する5つ戒律[07/15] 
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1373895400/


▲:中国人女学生が3人死に、多くの重症者が出ているというのに、その原因の追及と今後の事故防止対策よりも、自分たちコリアンの利益のために、どのように「工作」するべきかを延々と考えるコリアンの醜悪さ。
 アシアナ航空機事件だけではなく、あらゆる問題がこの方式なのだろう。だから、従軍慰安婦問題も、コリアンの利益のための捏造運動であることが理解できる。