ページ

2013年7月29日月曜日

コリアンゴリ押し花王の驚くべき営業利益 宣伝費でテレビ雑誌マスコミを支配できるわけだ

カネボウ、対応遅れ認める 夏坂社長「病気と思い込み」 社員247人にも症状 (1/2ページ)
2013.7.24 07:00 産経
 カネボウ化粧品は23日、肌がまだらに白くなったという被害報告を受け、医薬部外品の成分「ロドデノール」を含む美白化粧品を自主回収している問題で、顕著な症状が出たと申し出た利用者が19日までに2250人に上ったと発表した。症状が確認された利用者については、医療費や医療機関への交通費などを過去分も含めて回復まで負担する方針。補償の基準は今後検討する。

 同日会見した夏坂真澄社長によると、肌がまだらに白くなる症状について問い合わせをしてきた人は19日までで6808人。このうち顔に明らかな症状が出たり、大きさで5センチ以上などの顕著な症状が出た人は2250人だった。これとは別にこの美白化粧品を使用していた社員のうち、247人にも症状がみられたという。
 社内に夏坂社長を本部長とする「ロドデノール対策本部」を設置。日本皮膚科学会の協力を得て、原因究明や治療方法の早期確立を図る。また全国に50~150人規模で専任担当者を配置して症状の出た人を継続的にフォローする方針だ。

 19日までに専用フリーダイヤルへの問い合わせは10万5000人近くに上ったほか、店頭での問い合わせも5万8000人以上となった。消費者のもとにあったとみられる約45万個のうち、8割の約36万個は回収。店頭在庫分も約58万個のうち50万個以上を回収した。

 夏坂社長は症例の出た使用者が大きく増えたことについて、「驚いている。すべての方におわびしたい」と陳謝。2011年にあった当初の消費者からの相談については「(消費者の)病気という思い込みがあった」として、対応の遅れを認めた。

 製品開発のプロセスを見直して再発防止を図るが、すでに同社の他製品にも買い控えが発生している状況。損失規模は不明だが拡大は必至で、経営に与える打撃は大きくなりそうだ。

 夏坂社長は、自らの経営責任について「大変重く受け止めている。完治するまで対応するのが責任」として、現時点での引責辞任は否定した。


「メカニズムがわからない」 カネボウ化粧品・夏坂社長、まだら美白問題で困惑隠せず (1/2ページ)
2013.7.4 17:50 産経
「美白効果」をうたった化粧品を使って、肌がまだらに白くなる人がいた問題で、カネボウ化粧品の夏坂真澄社長が4日都内で会見し、謝罪した。社長との主なやりとりは以下の通り。

 夏坂社長 「深く反省している。速やかな回収と原因究明、再発防止に取り組む」

 --原因はわかったか

 「正直なところメカニズムがわからない。日焼け止めにも使われており、日光との関係性を研究テーマに考えているが、あくまで仮説。万全の基準でやっていたと過信していた。全ての自主基準を再点検したい」

 --厚労省からの指示は

 「強制的な自主回収を命じられる薬事法上の重篤なものに当たらず、判断を委ねられた。選択肢は自主回収と注意表示の強化があったが、注意表記を強化しても使い続ける方のことを考え、自主回収に至った」
 --不買などの影響は

 「精いっぱい自主回収するしかない。数字的にはわからない。今後のわれわれの対応いかんだ。品質で失った信頼は品質でしか取り戻せない」

 --誠意ある対応とは

 「商品代金の返金は当然だが、心理的な不安に対して原因究明でしっかり答えを出すことではないか」

 対象商品には、カネボウ化粧品が独自に開発した医薬部外品の美白有効成分が配合されていた。同社は「カネボウブランシールスペリア」など8ブランドの54製品、計約100万個を自主回収する。問題の製品を使用している顧客は約25万人いるもよう。



花王、12月期最終益を60億円下方修正へ カネボウ“まだら美白”の影響産経新聞 7月29日(月)16時25分配信
 花王は29日、平成25年12月期の連結業績見通しを修正し、最終利益を従来予想の730億円から670億円に引き下げると発表した。子会社のカネボウ化粧品などが製造・販売した美白化粧品の自主回収で、特別損失56億円などを計上したため。
 一方、円安の進行などで、売上高は1兆2700億円から1兆3000億円に、経常利益も1170億円から1180億円に上方修正した。営業利益は1160億円の予想を維持した。

▲:被害者への賠償はこれから。訴訟も今後起こされるだろう。それにしてもコリアンマンセー花王って、莫大な利益を挙げている。洗剤や化粧品って、利益率が高いことに驚く。
 この利益でマスコミを支配。道理で、この「杜撰な対応」で多くの被害者を出した事件を、テレビ、特に主婦向け情報番組が殆ど流さないはずである。