ページ

2013年7月13日土曜日

気になったニュース

北海道新聞、オフレコ取材メモを社外に誤送信
 北海道新聞社は12日、同社報道センターの記者(31)が、参院選などについて日本維新の会の関係者に取材したメモを、みんなの党の関係者や読売新聞を含む報道各社計16社の記者や会社にメールで誤送信し、取材情報を社外に流出させたことを明らかにした。
 北海道新聞社によると、記者が誤送信したのは12日夕。メールは、取材相手の名前や参院選などに関するメモが記されていた。同社は、オフレコの内容だったとしている。記者はこの取材メモをメールで、社内の参院選取材班に送信しようとしたが、誤って別のメールを開き、返信する形で送った。このメールは、みんなの党関係者が、遊説日程などを報道機関に通知しているもの。あて先に報道機関や記者のアドレスが並んでおり、返信で各社に送信された。
 北海道新聞社の加藤雅規編集局長の話「記者が取材したメモをメールの形で外部に流してしまったことは、報道機関として許されないことだと考えます。取材源を明らかにする結果になったことについても深刻に受け止めています。今回のケースをしっかり検証し、情報管理のあり方を含め、再発防止に全力を挙げます」
(2013年7月13日01時34分  読売新聞)


http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013071101002057.html
農業用水に汚染水340トン 原子力機構が計画了承
 日本原子力研究開発機構が発注した除染モデル実証事業(2011~12年)で、中堅ゼネコンの日本国土開発(東京)が福島県南相馬市で生じた汚染水340トン(同社推計)を、農業用水に使う川に流していたことが11日、共同通信の調べで分かった。原子力機構は、川に流すことを知りながら、排水経路に触れていない国土開発の計画書を了承、地元に提出していた。
 南相馬市は「排水の説明はなかった。排水されたことも知らなかった」と反発。福島県も説明は受けていないとしている。放射性物質汚染対処特措法(特措法)は正確な情報伝達を求めており、環境省は調査に乗り出した。

2013/07/12 02:00   【共同通信】


http://www.cyzowoman.com/2013/07/post_9112.html
芸能界、闇の必殺仕事人
「あいつを徹底的に追い込んでくれ」芸能界から消えたタレント、その“潰し方”とは
    2013.07.08
 第一線で活躍していた芸能人が、ある出来事を境にこつ然として表舞台から消える。今の矢口真里の動きを見ていると、芸能界から着実に干されつつあるのがわかる。自身の積み上げてきたキャリアが一気に消し飛んでいく恐怖たるや、相当のものなのではないだろうか。
 そんな干され芸能人の中には、世間にはまったく知られることのない闇のグループの工作により、お茶の間から消されてしまった哀れな人たちもいる。
 日比谷のホテルで待ち合わせた50代半ばの小太りの男性T氏。表向きの顔はスポーツイベントやアイドルタレントの興行を取り仕切るプロモーターだが、中部地方で長年、某組織の代紋を預かる幹部でもある。
「この仕事を本格的にするようになったのは、平成に入ってからだね。主な取引先はバーニングプロダクションのS。彼とは昭和40年頃からの付き合いでね。俺も最初はビックリしたよ、Sが『どうしても潰したい芸能人がいるからTちゃん頼む! 死ななければ何してもいい!』なんて言うんだ。長い付き合いだから、むげに断ることもできないしね。どうやって追い込むか? まぁ俺たちが使う方法は、グループで行う典型的な脅しだな。それに『俺流』の効果あるアレンジを加えてるよ(笑)」
 バーニングのドンS氏の周りには、常にキナ臭いうわさが漂っている。T氏率いるグループは、そのS氏の闇の部隊ということなのだろうか。
■標的となった芸能人とは
「2003年末頃だったな、Hを潰してくれって言れてね。どうもSが目をかけていた女に手を出しちゃったみたいでさ、『あいつを徹底的に追い込んでくれ』って、そりゃとんでもない剣幕だったな(笑)。マチャアキの逆鱗に触れたって言われてるけど、あれは表向きの理由。実際は、Sの女を寝取った制裁的な意味合いが強かった」
 大御所の逆鱗に触れて追放されたHだが、その相手が堺正章ではなくバーニングのS氏だったとは……。
 その徹底ぶりは警察も顔負けである。
「まずは内偵。Hの個人情報は、ウチの表企業で顧問を依頼している県警OBからもらって、バーニングからは奴のスケジュールをもらって、スタジオの出入り、ロケ先まで完璧に把握する。俺のグループには通信機器の得意な奴がいてね、そいつにHの愛車に発信機つけさせたり、収録中に楽屋で携帯電話を拝借して、友人・知人の連絡先も確認させた。外堀を埋めた後は、実働部隊の出番だ」
■Hを追い詰めた手口
「まずはメールだな。お前の裏を知っている人間がいるんだ、ってことを知らせる。移動中に写真を撮ってメールに添付したり。彼がアドレスを変更した直後に、『変えても無駄だ』って送った時は、しばらく自宅から出てこなかったな。仕上げは交友関係から、最近付き合ってる女を突き止めてね、お楽しみのとこを押えさせてもらった。接触は最後だけだ、シンプルな質問をする。『表舞台から潔く消えるか、もっと不幸な目に遭いたいのか』、もうその時点で抵抗する奴はいないわな。え? どうしてそこまで徹底的にできるかって?そりゃギャラがいいからね(笑)。まぁ大手企業のCM制作費くらいはもらえると思ってくれよ。俺たちは、芸能人の最後を演出する裏プランナーみたいなもんだな(笑)」
 その後、Hが表舞台から一切姿を消したことは、皆さんご存じの通りだ。T氏は得意げに続ける
「最近だとKもSから依頼されたな。『俺のことをベラベラしゃべるバカがいるから、どうにかしてくれ』って。あいつの場合は本人へのアプローチはもちろん、直近でやろうとしていたイベントの関係先にも圧力をかけた。次々キャンセルになって、相当あいつの精神にこたえたらしい。最後はKの実家近くで本人に『あんた、疲れただろ? しばらく表舞台から身を引いた方がいいんじゃないのか?』って忠告したら泣き崩れたな(笑)。それから間もなくだ、無期限休養を発表したのは」
 やはり巷でささやかれていたバーニング激怒説が正しかったと確信すると同時に、S氏の敵対する者への容赦ない攻撃に背筋が寒くなる思いだった。
■女タレントの潰し方
「Iが事務所とギャラで揉めた時は、彼女がホストとベッドにいる写真を差し出して『お前もKみたいになりてーのか?』って言ったら効果てきめん。もちろん、そのホストを仕込んだのは俺だけどね。それだけで事務所の言うことを聞くようになったな。ま、俺、女には優しいから」
 バーニングは、資本力の低下した事務所に資金を提供する代わりに、系列、業務提携を持ちかけ吸収。その枝葉を伸ばし、いまや芸能界の最大派閥といっても過言ではない存在となった。この隆盛の一翼を担っているのが、T氏のような決して表に出てくることのない闇部隊の存在なのである。
(高須基三)