ページ

2013年6月27日木曜日

気になったニュース 芸能界と暴力団

http://gendai.net/news/view/108205
日テレ生放送中、アイドルの口から放送禁止用語
【芸能】
2013年06月26日 15:11 更新
 26日放送の朝の情報番組「zip!」(日本テレビ系)の中でトンデモ放送禁止用語が飛び出した。
 問題のシーンは午前7時半ごろ始まった「10秒しりとり」企画。挑戦したのは、番組レギュラーでTOKIOの山口達也(41)と、同じくレギュラーでアイドルの曽田茉莉江(21)だ。曽田はオスカープロモーション所属で美少女クラブ31に所属している。ゲームは10秒間でしりとりをする単純なものだったが、“事件”は起こってしまった。
 山口が「アルマジロ」と先手を打つと、後手の曽田は「ロン毛」と返答。すかさず山口は「ゲゲゲの鬼太郎」と叫んだが、慌てた曽田はなぜか「ロンパリ!」と回答してしまった。山口が「『う』だよ」と突っ込んだところでCMに突入。CM明けは何事もなかったように番組が進行していったが、午前7時47分ごろ、番組出演者の枡太一アナウンサー(31)が「先ほど番組中に一部、不適切な表現がありました。失礼いたしました」と謝罪した。


http://www.cyzo.com/2013/06/post_13721.html

2013.06.26 水
「最近まで長澤まさみと付き合っていた」元・関東連合リーダー“闇”の暴露本で、裏社会に風雲急!

 市川海老蔵殴打事件、六本木クラブ襲撃事件などで、一躍その名を知らしめた不良グループ「関東連合」。同組織の元幹部が、組織の内部や各事件の裏側を赤裸々に語った“暴露本”を出版することになり、早くも波紋が広がっている。
 『いびつな絆 関東連合の真実』と題する同書は、6月27日に発売される。著者は、工藤明男(仮名)という人物で、プロフィールでは「杉並区出身の関東連合元リーダー」となっており、「現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行っている」としている。ちなみに、漢字は異なる同名の関東連合関係者がいるが、その人物とは別人のようで、なぜ、このような紛らわしいペンネームを使ったかは不明だ。
 すでに『いびつな絆』を読んだ、裏社会に詳しいジャーナリストによると、「過去に、ここまで具体的に関東連合の内部の様子や人間関係、その背後に関わる山口組や住吉会といった広域暴力団の実態を書いた本は記憶にない。多くの逮捕者が出ている六本木クラブ襲撃事件についても、主犯格とされる見立真一容疑者(逃亡中)の暴走ぶりや、捜査の裏で行われた警察と闇社会側との“不適切な取引”などが詳細に書かれており、出版後は波紋を呼ぶでしょう」という。
 また水面下では、本書の出版を妨害しようと、版元に対して闇勢力が動いたという話もある。「六本木クラブ襲撃事件について、今後の捜査や公判維持に大きな影響を及ぼすような、表に出したくない話が含まれている」(同)ため、当局も苦々しい思いで本書の出版を見守っているようだ。
 著者の工藤氏は、27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にも登場して、関東連合と芸能界の関わりを詳細に語っているという。“芸能界のドン”といわれるバーニングプロダクションの周防郁雄社長が起こしたトラブルに暴力団が介入してきた際、関東連合のメンバーが同社長のボディガードをしていたことや、関東連合関係者で、広末涼子の元夫である岡沢高宏が、最近まで長澤まさみと付き合っていたことなどを暴露しているそうだ。また、近々各テレビ局の報道番組にも出演して、関東連合や各事件の実態について語っていくという。
 関東連合に接点があるライターは、「工藤氏の正体は、見立容疑者の後輩に当たるS氏ではないか。出会い系サイトなどで成功して財を為し、今は不動産事業やコンサルティングをしているといわれています。すでに逮捕・起訴されている関東連合元リーダーの石元太一被告の面倒を昔から見てきた兄貴分で、石元ルートでさまざまな情報が集まったのでしょう。工藤氏は、“六本木クラブ襲撃事件の刑事裁判での真相究明に役立つように本書を書いた”と言っているようですが、今回の出版で沈静化していた襲撃事件の闇に再び焦点が集まる可能性は高い」と分析する。
 「関東連合が深く関わっているとされ、社会問題化している振り込め詐欺などの実態には触れていないようで、バランスに欠ける内容」(同)ともいえる本書だが、話題になることは間違いないだろう。



http://www.cyzo.com/2013/06/post_13678.html

篠田麻里子は金子賢と「深い仲」? 広末の二の舞を危惧する声も
 先日行われたAKB48選抜総選挙で、7月にグループから卒業することを発表した篠田麻里子(27)。卒業後は、現在ソロで出演している番組などでの仕事をこれまで通りこなすとともに、「ファッションの方を主にやっていきたい。そっちメインで」とコメントしている。
 篠田といえば、昨年12月にファッションブランド「ricori(リコリ)」を立ち上げ、プロデューサー兼デザイナーとしても多忙な日々を送っている。現在は東京に1店舗、大阪に2店舗を構えるほか、Webストアも充実。ガーリーなデザインで若い女性の支持を得ている。
 そんな篠田のアパレル事業に、ある俳優がかかわっていることはファンの間では有名だ。格闘家としての活動歴もある、金子賢(36)である。金子は自身のブログでたびたびアパレル関係の仕事をしていることを書いているが、ブランド名や取り扱っているショップ名などは明言を避けていた。
 「金子さんは、ブログで、手掛けているブランドの展示会の模様や実店舗オープン準備についてなどを記していたのですが、展示会の日程や店舗オープンの日取り、場所が、ricoriと完全に一致しており、ファンの間で話題になりました。金子さんは頻繁に打ち合わせを重ね、かなり真剣にこのブランドに取り組んできたようです。ファッション業界で有名なある女性が、ricoriの展示会を訪問した後、自身のブログで『AKB48の篠田麻里子ちゃんの ブランド「ricori」の展示会にお邪魔しました。(中略)ブランドの影の功労者は金子賢ちゃんと××ちゃんだと思うわ』と記し、『金子賢ちゃんは役者さんだけど今は洋服やさんなんです』と書いていたことから、金子がricoriに深くかかわっていることは間違いないです。感慨深げに『姐さん、やっとここまで来ました』とも言っていたようですよ」(芸能記者)

 金子はricoriのお披露目展示会を終えた日、同会場の写真をブログ掲載し「やっと終わった。とりあえず半年間の成果としては合格点を頂きました!」と記している。篠田のブランドスタッフとして、この仕事によほど精力を傾けているようだ。


 しかし金子も篠田も、互いの存在については全く言及していない。金子は何のブランドを手掛けているのか明かさず、それぞれスタッフたちとの集合写真を撮って掲載する際にも、互いが写り込まないように配慮しているようである。金子自身が、あくまで裏方として徹していきたいという考えなのか、それとも篠田が「アイドル」であるがゆえ、男性俳優がかかわっていることは隠しておきたいのだろうか。


「まことしやかに囁かれている話では、二人のつながりが“関東連合”だから隠したいんじゃないか、っていう(笑)。それに金子は、過去に広末涼子と交際していたとき、広末が奇行を繰り返して著しくイメージダウンした、ということもあり、アイドルファンからは相当印象が悪いんです。プライベートでも篠田と金子が交際している、なんて疑われたらたまったものじゃないですしね。“第二の広末に”なんて奇行を心配されることにもなるでしょうし、あることないこと騒ぎ立てられる。ricoriのブランドイメージそのものにも悪影響を与えかねないです。まあ実際には、あくまで仕事上の付き合いだけだと聞いていますし、熱愛はないでしょう。むしろ篠田は最近は別の年上男性と愛人関係にあると言われていますしね。ricoriもその人物のおかげで立ち上げることができたと聞きます」(前同)


 グループ卒業後は「恋愛禁止令」も解除される。相手が金子でないとしても、篠田が熱愛を報じられる日は近いかもしれない。



http://www.cyzo.com/2013/06/post_13694.html 

2013.06.24 月
「太平洋横断はメンテナンス不足だった!?」ブログ削除の辛坊治郎と『24時間テレビ』のつながり
 小型ヨットでの太平洋横断に失敗し、22日に吉本興業・東京本社で会見を行ったフリーアナウンサーの辛坊治郎さんと、全盲セーラーの岩本光弘さんについて、「横断は『24時間テレビ』(日本テレビ系)の企画だったのではないか?」との声が出ているという。
 2人は、米サンディエゴを目指し、16日に福島県いわき市を出発。しかし、21日朝に小型ヨットが浸水し、同日午後6時過ぎ、海上自衛隊によって救助された。
 それまで、航海の様子を詳しくブログに綴っていた辛坊さんだが、救助後間もなくブログをすべて削除。しかし出発2日前に、「完璧に整備したと皆が思い込んでいたエオラス号にいくつかの問題点が見つかったんです。まず一つは、船の舳先に突き出ている大きな棒、これをバウスプリットって言うんですが、この根元から少量の漏水が発見されました」(原文ママ)などと不具合を訴える内容が投稿されていたことが判明し、「メンテナンス不足のまま出航したのでは?」との疑惑が持ち上がった。
 また、その理由として、ゴールを8月10日頃に予定していたことから、8月24~25日放送の『24時間テレビ36 愛は地球を救う』(日本テレビ系)に間に合わせるため、との憶測が広がっている。
「そもそも横断企画の発端は、『24時間テレビ』のマラソンランナーの指導や伴走を行う、ランナーズ・ウェルネス社の比企啓之氏が発起人。比企氏といえば、間寛平の元マネジャーで、昨年までよしもとデベロップメンツ代表取締役社長を務めていた人物。間のアースマラソン挑戦の際、一緒にヨット(エアラス号)へ同乗して、洋上での動画撮影やブログの更新を行ったパートナーとしても知られています。
 そんな比企氏が、ヨット雑誌『Kazi』(舵社)で、自身が所有するエアラス号を、“大洋クルーズに出たいという夢を持っている人に貸したい”と募集をかけたんです。そこに全盲の岩本さんが応募し、後に辛坊さんが加わる形で今回の挑戦に至った。そんな経緯があるので、『24時間テレビ』で放送予定だったとしてもうなづけますね」(芸能記者)
 ウワサが本当だとしたら、あと2カ月で放送の穴を埋めるため、『24時間テレビ』のスタッフは現在、大わらわかもしれない。